クレジットカードやローンを一度に複数の会社に申し込む場合があります。以前の私はサラ金に申し込む際、1日で3社申し込んだことがあります。例えば複数のクレジットカードを申し込んだ際にこんな例があります。

「A社とB社にほぼ同時に申し込みをしました。しかし、A社のクレジットカードは発行され、B社のクレジットカードは審査落ちしました。全く同じ内容で申し込んだのに、なぜ審査落ちと審査通過と言う差が出るのでしょうか」

クレジットカードの審査はカード会社によってばらつきがあります。さらに審査において微妙なラインの顧客に対して、担当者の裁量なども加味されます。ですから、一般的に客観化したり、完全に数値化するのは難しいでしょう。

クレジットカードの審査

クレジットカードの審査内容は、かなりブラックボックス化されていると言います。各カード会社ともはっきりとした審査基準を公表していません。

基本的な審査基準は似ていますが、細かな部分に関してはそれなりの差があります。私はブラックリストに載っている状態で、楽天クレジットカードの審査を通過しました。しかし、Yahooカードを申し込んでいたらどうなっていたかは不明です。

このようにカード会社の審査にはばらつきがありますので、同日同時刻に同じ内容でクレジットカードを申し込んでも、1社しかクレジットカードが発行されないと言う事態が発生します。

クレジットカード会社の都合によって審査の緩い厳しいがある

SponcerdLink

A社はクレジットカード事業を立ち上げて半年しか経過していないとします。そうしますと、会員数を増やしたいので、審査の当落線上にいる人でも審査を通過させようと配慮します。

逆にB社は銀行系のクレジットカードで老舗と言われている会社です。経営はもちろん、会員数も潤沢なので、無理をして審査を通過させる必要がありません。カード会社が抱えるいろんな理由によって審査の当落が湧かれます。

また、申し込みのタイミングがうまく合致すると、審査が通過する場合もあります。つい最近、返済が2か月遅れてしまった状態で、ブラックリストに載っているとします。それでも新規のクレジットカードが発行されることがあります。

クレジットカード

これはカード会社が信用情報機関に延滞の情報を通知する際、若干のタイムラグが生じた場合に発生する事例です。延滞情報を登録する前に、クレジットカードの申し込みをしたために、審査が通過してクレジットカードが発行されたのです。

ブラックリストに載っていないギリギリの状態で申し込んだので、幸か不幸か審査が通過すると言う事例もあります。こういった事例でクレジットカードを手にしても途上与信がありますので、数か月後にカード会社によってカードの利用停止になる場合があります。

楽天クレジットカードは途上与信を頻繁にしますので、下手に他のクレジットカード会社やローン会社に申し込んで借り入れをしていると、突然契約解除をする場合があります。(エラーコード2

無理して手に入れたクレジットカードであったとしても、身の丈以上の場合は何らかの措置を受けてしまいます。自分の財布の中身と相談しながら、クレジットカードやローンを申し込みましょう。

カード会社・金融会社の審査の仕組み

  • クレジットカードの複数申し込みをしても審査通過しない場合がある
  • 偶然手にしてクレジットカードでも途上与信でカードが破棄される