クレジットカードの審査はブラックボックス化されていますが、突き詰めていけば納得できる内容もあります。金融事故を起こしてもCICなどの信用情報に登録する寸前に、クレジットカードなどを他社で申し込めば審査は通過することがあります。

しかし、これはあくまでもレアケースであり、各カード会社や金融会社はきちんと審査をしています。インターネット上には沢山の金融情報が溢れています。

私の場合はブラックリストに載っている状態で楽天カードを手にしました。ですからブラックリストに載っていても、楽天カードなら必ず審査が通過すると思い込んでしまいます。これは大きな間違いです。

ブラックリスト・楽天カード

私の場合は偶然ではありますが、楽天グループの中で社内ヒストリーをしっかり積み、さらに携帯電話の割賦払いも数年にわたって延滞なく支払っていました。

また返済に関しましても完全放置ではなく、金融業者と連絡を取り合い、当面は支払える金額で勘弁して貰っている状況です。ですから今から思えば、楽天カードを手に出来たのはそれなりの理由があったのです。

カード会社の審査はブラックボックスな部分と納得のいく部分がある

SponcerdLink

我々の感覚からすると、カード会社や金融会社の審査はブラックボックスです。しかしカード会社からすれば謎でも何でもありません。審査落ちする人にはそれなり理由があります。

SponcerdLink

私のようにブラックリストに登録されておらず、普通の会社員の方であれば基本的に審査は通りやすいです。私のようにブラックリストに載っていれば、当然審査は通りにくくて当たり前です。しかし、絶対に通らないということではありません。

ブラックリストに載っている事故情報に左右されるのが、カード会社や金融会社の審査です。こういったある程度客観的な事実を考慮したうえで、下記のことを参考にしてクレジットカードを申し込んでみてはいかがでしょうか。

  • CICなどの信用情報で自分の信用情報を確認し、延滞の記録などが残っている場合は新規の申し込みをしない
  • 短い期間に複数のクレジットカードや借り入れの申し込みをしない
  • 自分の収入と借入額のバランスを把握する(総量規制に引っかかっていないか
  • キャッシング枠を希望せず、ショッピング枠のみでクレジットカードを申し込む

こういった情報を自分なりに整理して、クレジットカードを申し込んでも審査が通過するか、申し込もうとしているクレジットカードは本当に必要なのかを考えてみましょう。

上記の項目を自己審査して、審査通過の可能性が低ければ申し込みは次回に回すのが賢明です。下手に、「もしかしたら通るかも?」と思い、カードの申し込みをして審査落ちをすると、その履歴がCICなどの信用情報に残ってしまいます。

この履歴は半年間消えませんので、次のクレジットカードや借り入れをする際に審査に響く可能性があります。自己審査をじっくりしてから申し込みしましょう。

カード会社・金融会社の審査の仕組み

  • クレジットカードの審査はブラックボックスな部分と予想できる部分がある
  • クレジットカードの審査が不安な場合は自己審査してみる