インターネットを見ていると「当社から申し込めば、どんな方でもクレジットカードが作れます」「ブラックでも間違いなく審査を通します」と言った文句を見かけます。ブラックリストに載っていたり、多重債務者からすれば、思わず頼りたくなるキャッチコピーです。

今だから冷静に判断できますが、こういった甘いキャッチコピーの誘い文句は怪しいものです。クレジットカード、ローンの審査に関しては、基本的に甘い審査は存在しないと思ってもらっていいと思います。

我々にとって審査が甘いと言うことは、カード会社からすれば貸し倒れのリスク高い顧客を自ら募集していることになります。

こういった客層を狙って募集したところで、次々と支払いの焦げ付きが発生します。支払いの焦げ付きが増えれば経営は圧迫されます。それでも経営が成り立っているのであれば、その会社は何らかの裏があると考えられます。

クレジットカードを作るための最低条件

SponcerdLink

クレジットカードやローン契約をする際の最低条件は、定期的な収入があって、無茶な借り入れが無い、自宅があると言う点です。以前の私のように、何枚もサラ金のカードを持っている場合は、大体無茶な借り入れをしています。

こういった方は間違いなくブラックリストへ向かいます。

クレジットカードのキャッシングやサラ金の借り入れはもちろんですが、ショッピング枠であれば借金ではないと言う考えも危険です。翌月支払いの1回払いであれば、短期の借入です。

しかし、高額な商品を分割払いやリボ払いで購入するのは、長期の借り入れと同じです。カード会社に商品代金を立て替えて貰い、我々は金利を載せて返済していくわけですから、借金をしているのと同じことです。

クレジットカードによる商品の分割払いは借金と同じ

さて、実際に審査の甘いクレジットカードと言うのが存在するでしょうか。基本的には存在しませんが、カード会社同士を比較すると審査の甘いカード会社は存在します。私のようなブラックリストでも楽天カードはクレジットカードを提供してくれました。

SponcerdLink

これが大手銀行のクレジットカードだったらどうでしょうか。間違いなく審査落ちしていたことでしょう。

以前の記事でも紹介しましたが、ある企業が新規にカード事業を立ち上げた場合、顧客を一気に集めなければなりません。この大募集している時期であれば、カードの審査が危うい人が申し込んでも通過する場合があります。

また、楽天やヤフー、イオンのように、メインは小売業や手数料商売と言った企業は、本業で利益を上げるための窓口としてクレジットカードを発行しています。

楽天カード作って、楽天市場で買い物したり、水道光熱費を楽天カードで支払えば、一気にポイントが貯まります。

楽天ポイント・楽天カード

私の場合は楽天市場での買い物はもちろん、電気、ガス、携帯、固定電話などをカード払いにしています。ですから、何もしてなくても毎月結構なポイントが加算されます。

楽天としては楽天市場での利益を上げるために、楽天カードで私を囲い込みました。私自身はリスクがある人間です。しかし、楽天VISAデビット、楽天銀行の利用状況などから楽天カードを付与しても問題ないと判断されました。

ですから、クレジットカードが発行されている会社の事情を良く調べると、比較的審査が甘い・緩い現実が見えてきます。

カード会社・金融会社の審査の仕組み

  • クレジットカードの審査には言葉甘い・緩いが状況によっては存在する
  • クレジットカードを本業としていない企業のカードは審査が比較的緩い