クレジットカードやローンの審査には、緩い・甘いが存在します。ただ、クレジットカードの審査を緩くすれば、貸し倒れリスクが上がります。貸し倒れリスクは上がるものの、実は別のメリットか存在します。

本来であればクレジットカードを持てない層を取り込むことは、発行したクレジットカードを大事に使ってくれると言うことです。

まさに私のように10年近くクレジットカードを持てなかった人間が、再びクレジットカードを持てた喜びは言葉に出来ません。ネット上で楽天クレジットカードの審査に通過しても、手元にくるまでは信用できませんでした。

ブラックでも楽天クレジットカード

さらに、手元に届いても実際に楽天カードで買い物が出来るまでは、不安で仕方がありませんでした。楽天カードで初めて買い物をしたときの嬉しさは今でも覚えています。

ブラックリストに載る顧客にクレジットカードを配布すると大事に使う

SponcerdLink

このようにクレジットカードを長期間持てなかった人間が再び持てるようになりますと、クレジットカードを大事に扱います。私でしたら楽天カードを大事に大事に使い、ポイントもしっかり貯めて大いに活用しようと思っています。

以前はブラックに載ってしまう人間でも、再起する人間は沢山います。こういった人間を囲うことはカード会社にとって大きなメリットと言えるでしょう。

再起する人間からカード会社が得られる利益と、貸し倒れになってしまう損をカード会社はじっくり検討します。一時的にキャンペーンをうち、審査を甘くして顧客を囲う方が利益が上がるという結果があります。

ですから、カード会社が一時的に行うキャンペーンの際の審査は、比較的甘いと考えても良いと思います。ただ、キャンペーンに関しましては、限られた会社や限られた期間のみであり、いつも審査が緩い訳ではありません。

カード会社には顧客を獲得しなければならないノルマがある

またクレジットカードの発行枚数をノルマ化している場合があります。このノルマを達成するためには、顧客を大量に集めなければなりません。その時に「今はとっても審査が緩いです」と大声では言えません。

我々にはなかなかわかりづらいのですが、キャンペーン中はカード会社は顧客集めに必死です。顧客を集めるためにはには、多少のリスクをカード会社も背負うのです。

クレジットカード・楽天カード・リスク

このカード会社がリスクを背負っている時期(キャンペーン中)に、カードを申し込むと比較的緩いと感じるでしょう。このキャンペーン中にカードを申し込み、審査が通過した人は、「あのカード会社は審査が緩い・甘い」とネットで公表します。

この公表が独り歩きして、ネット上に広がっている面も大いにあります。クレジットカードの審査は、カード会社の都合によって緩く甘くなったり、厳しくなったりすることを覚えておくといいと思います。

カード会社・金融会社の審査の仕組み

  • カード会社はキャンペーン中に審査を甘く、緩くすることがある
  • ブラックな人間はクレジットカードを大事に扱う