金融庁から銀行免許を取得した上で、2016年夏にも三菱東京UFJ銀行と共同出資し、新銀行を設立する方向だ。コンビニ業界首位のセブン―イレブン・ジャパンを中心に運営するセブン銀行や、流通大手イオンが展開するイオン銀行を追撃する。

新銀行はローソン店舗の現金自動預け払い機(ATM)を活用し、預金口座の開設や個人向けの貸し出し、現金振り込みなど、ローソンでは現在対応していない金融サービスを展開する方向だ。新銀行への出資比率はローソンが95%以上で、三菱東京UFJ銀は5%未満とする方向だ。

ローソンは47都道府県の店舗で計約1万1000台のATMを設置しており、提携する大手銀行や地方銀行の預金引き出しなどに対応している。三菱東京UFJ銀とは、ローソン店舗に設置しているATMの運営で提携している。

ローソンクレジットカードの新規発行はブラック気味な方にチャンス

SponcerdLink

ローソンが金融業界に進出することは、ブラックリストに載っている方や信用情報が怪しい方々に朗報です。クレジットカードやローンの審査が甘くなる時期は、カード会社や金融会社がキャンペーンを大々的に行うときです。

沢山の顧客を集める時は、私のようなブラックリストに載っていながらも再起しようとする人間や、延滞を繰り返しつつも何とかブラックに載っていない人でも審査を通過させます。

来年夏の話ではありますが、ローソンが金融の顧客を増やそうとする時期に向けて、今から信用情報を回復させておくと良い結果を得らえます。ローソンがクレジットカードをクレジットカード業務を行うかは不明です。
ローソンクレジットカード
しかし、ファミリーマート、セブンイレブン、イオンなど小売業は必ずクレジットカード業務を不随させています。顧客獲得をする際にはクレジットカードとポイントが向いているからです。

現段階ではローソンとセゾンが提携してVISAのクレジットカードを発行していますが、ローソン主体のクレジットカードの発行は十分考えられるでしょう。

ローソンがクレジットカードを発行するまでにクレジットヒストリーを積む

ローソンがクレジットカードを新規募集するまでの間に、携帯電話の分割払い支払い、ローンなどの延滞がある場合は返済の立て直し等をお勧めします。6か月間が基本タームとなっていますので、ローソンカードが発行されるまでに十分時間があります。

クレジットカードの発行をあきらめている方は、こういった新規顧客獲得の時期に申し込むと、本来であれば審査落ちの人でも審査が通過する場合があります。

クレジットヒストリーをじっくり積んで挑んでみてはいかがでしょうか。

カード会社・金融会社の審査の仕組み

  • ブラックな人はローソンクレジットカードに賭けてみるのも有り
  • クレジットヒストリーを6か月間積んでローソンクレジットカードに挑む