SponcerdLink

公的の金融機関であっても、使い道が個人のものである場合は、CICなどの個人信用情報機関を照会することが増えています。政策金融公庫の教育ローンや住宅のローンなどは信用情報を照会されます。

この二つは全銀協の全国銀行個人信用情報センターを通じて、CRINのブラック情報を照会して融資の可否を判断しています。

ブラックリストに載っているのは、融資を判断するか否かの情報の一部です。ですから、私のようにブラックリストに載っていると言っても、楽天カードを手にすることが出来ます。「ブラック=100%融資不可」ではありません。

教育ローン

金融機関が融資するか否かは総合で判断します。例えば住宅ローンを組む場合、ブラックリストに載っているといます。しかし、住宅ローン申し込みの際、頭金が多く、年収が高いようであれば融資をします。

逆に、クレジットヒストリーが殆どないホワイトな状態であっても、収入証明が提出できなかったり、年収が低くて不安定であれば審査に通らない場合が多々あります。

政策金融公庫による教育ローンの融資

SponcerdLink

教育ローンの融資に関しましてはこんな声があります。

教育ローンの申込者がブラックリストに掲載されていて審査が通らない場合、融資する金融機関は心を痛めています。そういった時は下記の方法を駆使すると、合法的に融資を受けることが出来る場合があります。
配偶者である妻が融資の申込人になる

パート収入を継続して安定して収入がある場合には、配偶者が申込者として借り入れすることが出来ます。しかし、パート収入が融資の基準を見たない場合、通帳でお金の動きを確認したうえ、必要に応じて連帯保証人付きで融資します。

身内である兄弟姉妹、伯父、伯母に申込人になってもらう

キチンと会社に勤務していて、返済能力がある伯父、伯母、兄弟姉妹に申込人になってもらいます。伯父、伯母、兄弟姉妹が個人信用情報でブラックリストに載っていなければ融資は可能です。

融資を受ける学生本人が申込人になる

勤労学生の場合で在学資金として「国の教育ローン」を利用できます。安定収入があり、継続して見込める場合には本人が借り入れして卒業までは元金措置で利用できる場合があります。

国の教育ローンの申し込み資格が「入学、在学される方の親族や学生本人」となっていますので利用が可能です。親がブラックに載っていると子供はとても不幸です。子供は親を選ぶことが出来ません。

ですから身内でブラックリストに載っていなければ身内の方が申込者で、あるいは本人が借主となって国の教育ローンが利用できる便方です。

カード会社・金融会社の審査の仕組み

  • ブラックな人はローソンクレジットカードに賭けてみるのも有り
  • クレジットヒストリーを6か月間積んでローソンクレジットカードに挑む