SponcerdLink

そこそこの企業であれば社員証を首からぶら下げたり、カード型のモノを携帯します。この社員証にクレジットカードを付与し発行する企業が増えています。クレジットカードを付与する理由は、経費の精算を社員証兼クレジットカードで行うためです。

出張の際の交通費、宿泊費、接待などの経費を、社員証兼クレジットカードで行えば、社員にとっても会社にとっても便利ですし、いろんなメリットがあります。

ブラックリストに載っていない人は便利ですし何てことはないのですが、私のようなブラックな人間からすれば冷や汗ものです。ブラックリストに載っていれば、クレジットカードの審査は否決される可能性が高いです。

社員証兼クレジットカード

社員証兼クレジットカードの発行の際にクレジットカードが発行できないとなれば、出世に響いたり下手すれば窓際に追いやられるのではないかと思ってしまいます。人事部はもちろん、自分の同僚や後輩にまでブラックがばれるのではと戦々恐々です。

破産してブラック状態の方が、新しい会社への就職が無事に決定した話があります。人生の再起だと喜んでいると、その会社の社員証がクレジットカードが付与されているモノだと聞かされました。

破産していますのでクレジットカードは作れません。そうなると社員証の発行も危ぶまれます。折角決まった内定も取り消されるかもしれません。こういった思いの方は沢山いて、社員証兼クレジットカードなど迷惑な話です。

社員証兼クレジットカードの発行はブラックであっても問題ない

SponcerdLink

冷や汗が出るような出来事ですが、ブラックであっても大抵の場合はクレジットカードが発行されます。ブラックリストに載っている人間に、なぜクレジットカードが発行されるかが不思議だと思います。

それはカード会社が個人に信用を求めているのではなく、会社に信用を求めているからです。支払いに関しては個人ではなく、会社が行うのです。ですから、カード会社にとって個人の信用情報は関係なく、会社に信用があればクレジットカードを発行するのです。

カード会社は個人の信用情報ではなく法人の信用を見ている

社員証兼クレジットカードの利用額がどれだけ増えたとしても、個人の信用情報には関係ないのです。こういった事情がありますので、ブラックであっても社員証兼クレジットカードはスムーズに発行されます。

例外として社員証の場合でも、従業員個人が債務者として決済をすると言うシステムも存在します。こういった場合は、個人の信用情報を問われますので、ブラックな方や信用情報が傷ついている方は覚悟が必要です。

カード会社・金融会社の審査の仕組み

  • 社員証兼クレジットカードはブラックであっても発行される
  • カード会社は信用の相手を法人にする場合がある