SponcerdLink

クレジットカード、ローンの審査には冷や冷やしますが、住宅ローンの審査は更に冷や冷やします。一生に一度しか買わない住宅のローンですから、まさに人生の分かれ目と言ってよいかも知れません。

住宅ローンは自分には関係ないとお考えの方もいると思います。しかし、結婚して子供が出来ると小さなマンションではでゼマになり、住宅が欲しくなってきます。愛する奥さんから住宅が欲しいと言われれば、男として頑張りたいと思うはずです。

住宅ローンの審査はクレジットカードの審査よりも厳格

SponcerdLink

住宅ローンは借り入れする金額が数千万単位であることと、返済が長期間に渡ります。ですからクレジットカードの審査とは別物です。金額が大きく長期間の返済となれば、貸す側からすれば慎重にならざるを得ません。

私のようなフリーランスはクレジットカードが作りにくい立場です。収入が安定していませんので、カード会社が審査通過を渋る理由は理解できます。住宅ローンも同じで、フリーランスの人間に対しては渋いです。

相当な年収が無ければ、希望する金額を借り入れすることは難しいでしょう。仮にサラリーマンであっても、今はリストラなどで簡単に職を失います。ですから、それなりの収入と貯金、会社の規模や利益状態等も加味されます。

住宅ローンも複数申し込むと審査落ちする場合がある

住宅ローンの審査は基本的に銀行が行います。ということは、住宅ローンを申し込んだ記録は銀行が加盟している信用情報機関である全銀協に登録されます。

クレジットカードやローンを立てつづけに申し込んで審査落ちするのと同じで、住宅ローンもいろんな銀行に申し込むと、銀行は信用情報を見て警戒します。銀行の窓口で住宅ローンを申し込んでも、他行で断られている人は融資の可能性が低くなるのです。

クレジットカードを申し込むのと同じで、住宅ローンもいろんな銀行に申し込んではいけません。クレジットカードを申し込む際、何気なく申し込むと審査落ちする場合があります。

自分の収入、借り入れ、金融事故、職業、在籍年数をしっかりと把握して、クレジットカードを申し込むと審査が通過しやすい現実があります。住宅ローンとなると、クレジットカードを申し込む以上の準備が必要なのは言うまでもありません。

住宅ローンの審査

住宅ローンは金額が大きいですから、両親の援助、貯蓄、将来設計なども考慮しながら、懇意にしている金融機関とじっくり相談するのが良いと思います。

融資担当と何度か顔を合わせますと、どういった条件が揃えば住宅のローンを組み事が出来るかを教えてくれます。その条件が自分に当てはまっているか、もしくはその条件を今後準備できるかの検討も必要です。

自分はこの銀行で住宅ローンを組む」と決め、申し込みの際には完ぺきな準備を整えて挑む方が一発で住宅ローンを組めます。十分な準備こそが借り入れをする時の秘訣です。

住宅ローンの審査

  • 住宅ローンはクレジットカードの審査よりも厳格
  • 銀行と懇意にして住宅ローンに挑む