最近は個人に対してもそこそこの金額を貸してくれるフリーローンを沢山見かけます。別名おまとめローンとも言えます。私がサラ金の多重債務で自転車操業の時、こういったおまとめローンがあったら…と何度も思いました。

銀行が行っている個人向けのフリーローンは、CICなどの個人信用情報を非常に重視します。しかも、全銀協だけではなく、テラネットなどに加盟しているところが殆どでしょう。

おまとめローンの金利はあまり安くならない可能性がある

SponcerdLink

私のようなブラックリストに載る人間や多重債務の方は、銀行系のフリーローンを借りることはほぼ無理です。ただ、例外もあります。上記で記載した「おまとめローン」による貸し出しです。

多重債務になりかけている消費者金融やクレジットカードのキャッシング、信販系などの借り入れを一本化出来るローンがあります。銀行によって違いはありますが、総額の借り入れが300万円以下、借り入れ件数5件以下、金融事故の無い人を対象にしています。

おまとめローンの金利

上記のように金利がレンジで表示されている場合、低い方の金利に目が行きます。しかし、借り入れする金額によって金利が異なりますので注意が必要です。

SponcerdLink

おまとめローンは本来減る借金が減らず、借金総額は変わらない

お前止めローンで借り入れをすると、借り入れた資金でサラ金などの借金を返済します。この返済の際、利息制限法による引き直しの計算は行われません。

長期間に渡ってグレーゾーン金利で取引をしていた場合、利息制限法によって引き直しをすれば借金を減らすことが出来ます。また、過払い金を取り戻すことも可能です。しかし、おまとめローンの場合は引き直しをせずに、グレーゾーンの金利のまま返済をします。

グレーゾーン金利

借金総額の減額や過払い金の請求が出来たにもかかわらず、おまとめローンを使ってしまったために大事な機会を失うこともあるのです。

過払い金請求や利息制限法による引き直しは、我々にとってハードルが高いと感じます。おまとめローンの方が手軽で、簡単に資金が手に入ります。ですから、ついついおまとめローンに手を出してしまいがちです。

敷居が高いと思われる利息制限法や過払い請求を行政書士や司法書士に依頼する方が、結果的に返済の負担が軽くなる場合があります。

敷居が高いと思われる行為こそ、我々にとって利があるのかも知れません。

おまとめローンはよく考えて申し込もう

  • おまとめローンでまとめる場合、過払い金請求が難しい
  • 利息制限法、過払い金請求を司法書士に頼む方が安くなる場合がある