SponcerdLink

住宅を購入するタイミングとして「子供が大きくなってきた、家賃として払い続けるのがもったいない、年齢」などがあります。これらの住宅購入のタイミング以外に、「結婚を機に住宅を購入する層」が一定数存在します。

何とも羨ましいとお話ですが、たまに結婚を機に住宅購入することに対して誤解している方がいます。

「結婚を控えていますので、結婚を機に住宅の購入を考えています。入籍してから住宅ローンを申し込んだ方が融資に有利だと思います。結婚は社会的な信用度がアップしますからね」

一般的には「結婚している=社会的信用度は高い」とされています。しかし、結婚しているから住宅ローンの審査が有利に働くかと言えばそうでもありません。逆にマイナスに働くことさえあるぐらいです。

社会的信用度

高年収の方でも住宅ローンの審査が通りずらい場合があります。これは収入に対して支払いが多いため、金融機関が審査の評価を下げているためです。結婚すれば支出が増えますので、審査の評価が下がる場合があるのです。

独身で安定した高収入があればローンの審査は余裕で通過する

SponcerdLink

独身の時は自分の収入を自由に使えます。数百万円の自動車ローンを組んだり、クレジットカードを使って買い物したり、豪遊したりすることも可能です。経済的に余裕があるのは当たり前です。

しかし結婚をすると今まで自由に使ってきた自分の収入は、家族のために使います。家族の生活費は家族形態によって大きく変化します。奥さんが専業主婦であれば、奥様の生活を支えなければなりません。

子供が出来れば、奥さんと子供の生活を支えることになります。子供が大きくなれば学費や生活費、各種保険料はうなぎ登りです。

金融機関は収入に対する支払いをシビアに見ている

独身時代に自由気ままに使っていた金額よりも、遥かに大きな金額を支払いつづけなければなりません。同じ年収を維持していたとしても、結婚をすることで支払いが増え返済能力が下がると判断されて審査の評価が下がるのです。

結婚はとても素晴らしいことなのですが、住宅ローンやいろんな借り入れの審査に関しては厳しい一面を持っています。

逆に奥さんが専業主婦ではなく、正社員などで勤務している場合は所得合算が出来ます。この際は住宅ローンの審査に有利に働きます。ご夫婦で公務員であれば、最高レベルの審査結果を得られる所以がここにあります。

住宅ローンの審査

  • 住宅ローンの審査は独身の方が審査に通過しやすい場合がある
  • 夫婦で公務員であれば金融業界では最強のカップルと言える