CIC、JICC、全銀協などの個人信用情報機関に対して、カード会社、金融会社は顧客の情報を登録します。殆どが登録されていると思いがちですが、実は延滞情報などが登録されていない場合があります。

顧客の金融取引情報は、カード会社や金融業者によって登録するペースや量が異なるようです。

CICとJICC、全銀協に自分の個人情報を確認しました。自分が使用している○○会社のVISAカードは、CIC、JICC、全銀協に加盟しています。しかし、掲載されているのはCICのみで、JICCと全銀協には自分の情報が掲載されていません。 延滞情報も掲載されていませんし、申し込み情報も掲載されていませんでした。不思議です 多重債務者ですが、JICCには自分の延滞情報がばっちり掲載されていました。しかし、銀行系のクレジットカードのCICと全銀協の延滞情報には何も登録されていませんでした。

ブラックリストの金融事故情報は全て掲載されている訳ではない

SponcerdLink

上記のように自分の延滞情報や金融事故が情報として掲載されていない場合があります。他の方の事例でもあります。信用情報を開示したところ、延滞による金融事故情報はもちろん、クレジットカードを申し込んだ情報さえも登録されていないカード会社が存在します。

裏を返せば、事故情報の網をかいくぐればブラックな状態でもクレジットカードなどを持てることになります。しかし多重債務者がクレジットカードを持つと、よほど自制心が無い人では無い限り更に債務が膨らむだけです。

多重債務

こういった事例がちょくちょくみられるのは理由があります。CICなどの個人信用情報機関は信用情報を収集する機関ではなく、加盟業者から寄せられた信用情報を整理し、閲覧できるようにする機関です。

信用情報機関は加盟業者である金融機関に対して、顧客の取引情報を出来るだけ早く、正確に登録して貰うよう働きかけています。

しかし自社にとって大事な顧客情報を、同業他社に知られてしまうと言うリスクも背負うのです。ですから信用情報機関に対しての情報登録を最小限にとどめている業者も存在します。こういった事情があるため、金融の延滞情報が全業者に渡らない事態が発生するようです。

カード会社・金融会社の審査の仕組み

  • 全ての金融事故情報が個人信用情報に掲載されるわけではない
  • 信用情報の網目をかいくぐればブラックでもカードが作れたりする