多重債務者の推移は総量規制の効果もあり、230万人から45万人まで減少しています。私のような多重債務を抱える人が減るのは良いことだと思います。多重債務陥ってしまう分岐点は借金総額100万円を超えたあたりです。

借金総額が100万円を超えると、自分の給与で返済していくのが厳しくなってきます。足りなくなってきますので、消費者金融の余っている枠を返済に充てたり、新たに消費者金融やクレジットカード契約します。

自転車操業

表面上はきちんと返済しているのですが、実際には返済が出来ないので借金を増やしてしまいます。返済しているのに借金が増えると言う恐ろしい自転車操業に陥るのです。

借金のために借金をし、仕事をする生活を200万人以上の人が送っていた

SponcerdLink

借金が増えるわけですから、翌月からの返済は更に厳しくなります。消費者金融やカード会社にはきちんと返済していますので、クレジットヒストリーはいたって健全な状態です。この表面上の美しいクレジットヒストリーが多重債務に引き込みます。

クレジットヒストリーに問題が無ければ、金融業者やカード会社は新たな契約を躊躇なく結びます。また、すでに契約している消費者金融の枠も広げることが出来てしまいます。

返済がきついので、ついつい新たな融資枠を申請したり、新たな契約をしてしまい、更に自分を追い込んでしまうのです。この時期になると借金で何かを買ったり、豪遊したりしているわけではなく、借金の返済をするために借金をしている状況です。

この自転車操業のスピードは我々が考えている以上に速いです。1年もすれば、借金返済のために働き、借金返済のために借り入れをする状況から抜け出せなくなるのです。

利用枠・限度額の増加は借金できる額が増えただけで意味がない

多重債務に嵌ってしまう多くの理由が、『利用枠・限度額が増える⇒信用度が高まる⇒余裕が出来ると』言う考えです。『利用枠・限度額が増える=信用度が高まる』ではありません。

『利用枠・限度額が増える=借金できる額が増える』

ただ、これだけのことなのです。借金に変わりはないのです。私が大事に使っている楽天クレジットカードでも同じです。私の楽天カードは限度額100万円です。その気になれば、今月100万円の商品を買うことが出来ます。

しかし。来月には100万円返済するか、リボ払いや分割払いで返済しなければならないのです。クレジットカードのショッピング枠も借金であることを忘れてはいけないとつくづく感じます。

多重債務に陥ってしまうポイント

  • 借金が100万円を超えると多重債務まで待ったなし
  • 融資枠が増えたところで、借金が増えるだけの話