SponcerdLink

我々の金融情報は信用情報機関に登録され、カード会社や金融会社が閲覧できます。この信用情報機関以外にも、我々の金融情報はデータベース化され保管されています。それは社内ヒストリーや社内ブラックリストと言われるものです。

例えば楽天クレジットカードを申し込んで利用していたとします。楽天市場や楽天銀行との紐づけをしていますので、クレジットカードでどういった商品を買い、どういったお金の使い方をしているを捕捉されています。

また、楽天クレジットカードの返済を延滞し、ブラックリストに載ってしまったとします。仮に返済を終了して5年間経過しても、再度楽天クレジットカードが作れる可能性は極めて低いです。(もちろん例外はあります。)

社内ブラックリスト

信用情報機関上では喪が明けてホワイトになったとしても、社内では喪が明けることは基本的にありません。ただ、VISAやマスターカードの類は、A銀行のVISAとB信販のVISAでは、審査基準や管理も全く別物です。

A銀行のVISAカードの返済を延滞してブラックになったとします。返済を完了させ、5年間経過すれば信用情報はホワイトになります。その後に信販系のVISAカードを申し込めば、審査に通過する可能性は十分にあります。

もし、ブラックリストに載ってしまったのなら、どの金融機関や金融会社にブラックとして掲載されているかを把握するのが賢明です。私はクレジットカード関係ではブラックリストに載っていないのもあって、楽天クレジットカードが作れたと思います。

金融関係のブラックリストの他に別の業界でもブラックリストは存在する

SponcerdLink

ちなみに金融関係の社内ブラックリストの他にも、別の分野でのブラックリストも存在します。やたらクレームばかりつけてくる人や店内で横暴なことをする人、無銭飲食をする人などのブラックリストも存在します。

企業が自社と他の顧客を守るために、理不尽な人間を排除できるデータベースを持っています。私が企業に勤めている頃も、元暴力団関係者や理不尽な人をデータベース化していました。彼らが騒ぎを起こすとすぐに警察に連絡し、何度も対処して貰います。

そうすることで、「この会社でごねてもお金にならない」と判断し、騒ぎを起こさなくなります。

当たり前のことですが、どんな業界にでも騒ぎを起こさず、きちんとした生活を送り続けたいですね。

信用情報ブラックと社内ブラックリスト

  • 社内ブラックは未来永劫残る可能性がある
  • 金融事故を起こした会社のクレジットカードを再申し込みしても無駄