SponcerdLink

ご利用は計画的に」 この言葉を何度も何度も目にしましたし、耳にもしました。わかっているつもりでしけど、多重債務に陥りブラック入り化してしまいました。今でこそ少しずつ返済していますが、完済まではまだまだ時間がかかります。

この「ご利用は計画的に」と言う言葉は、とても奥が深く、自分を試す言葉でもあります。若い頃に、たいして必要でもないのにクレジットカードを何枚も持っていたり、消費者金融のカードを持っていました。

過払い金・過払い請求

必要が無ければ、カードにはさみを入れて使えないようにするべきだったのですが、「何かあった時に」と勝手に理由を作り持ち続けました。私の「何かあった時」と言うのは、「飲みに行った際にお金が足らなかったときに」と言う意味です。

私のようにサラ金のカードやクレジットカードを何枚も持っていたがために、住宅ローンや自動車ローンの審査に落ちてしまう人がいます。特に住宅ローンに関しては、家族の問題に発展しますから大変です。

住宅ローンの審査を通過するためにすべきこと

SponcerdLink

住宅ローンは何としても通したい審査です。しかし、消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどから融資を受けていると、審査は非常に危ういです。もし、サラ金とクレジットカードのキャッシングに関して不安がある場合は、CICなどの個人信用情報を開示し、自分のクレジットヒストリーを確認してください。

多くの方は私のように金融事故を起こしてません。たまたまクレジットカードの枚数が多いので、ついついキャッシングしていたり、消費者金融から借りているだけです。

ですから、とにかくにも消費者金融の借金を返し、クレジットカードのキャッシングを完済しましょう。ここをクリアしない事には、収入が多かったとしても実際に住宅ローンの返済に充てれる資金が少なすぎて、住宅ローンの審査を通過しません。

過払い金請求をすることで借金ゼロや手元にお金が戻って来る

借り入れをゼロにするためには、過払い金の発生にも留意する必要があります。本来は支払う必要がないのに、貸金業者に支払いすぎたお金を取り戻すのは、我々にとって当たり前の権利です。
過払い金・過払い請求
数年間に渡って消費者金融を利用していた方の多くは、過払い金請求が出来ます。場合によっては返済するどころか、払い過ぎていたお金が戻って来ることもあります。

少なくとも返済しなければならないと思っている借金が、大幅に減ったり手元にお金が増えたりする可能性があります。ぜひ専門家に相談して貰いたいと思います。

過払い金の請求を自分でやる方も稀にいます。知識があり駆け引きが出来る方であれば挑戦してみるのも手です。しかし多くの方は知識はもちろん、金融業者と交渉するのは難しいと思います。

餅は餅屋と言います。ぜひ、弁護士などの専門家に依頼しましょう。