SponcerdLink

私個人は、クレジットカードは楽天カードしか持っていません。他のカードを作れるようなクレジットヒストリーではありませんので、複数のクレジットカードを持てません。意外に知られていないのが、複数のクレジットカードを持つリスクです。

クレジットヒストリーが綺麗な方は、自分が意識していない間に財布の中のクレジットカードが増えている場合があります。レンタルビデオ店の会員カードには、クレジットカード機能が付いています。

ジム・コンビニ・クレジットカード

コンビニのポイントカードにも、スポーツクラブに入会する際のカードにもクレジットカードの機能がついていたりします。特にスポーツクラブに入会する際は、クレジットカード作成が条件だったりします。

こういった環境ですから、意識しない間にクレジットカードが4~5枚になっていることがあります。

クレジットカードは所持しているだけでも住宅ローンの審査に大きく影響する

SponcerdLink

「クレジットカードを持っているだけで、年会費は無料だし、クレジットの機能は使っていないから問題ない」と思われるかもしれません。クレジットカードにはキャッシング枠があることを忘れがちです。

このキャッシング枠は使わなかったとしても、持っているだけでローン関係の審査に不利に働く場合が多々あります。

クレジット機能がついているのに、全く使っていないカードをお持ちであれば、早急に解約することをお勧めします。何枚も持っていたところで、大して使いません。どこかで落として使われていたりすると、面倒なことになってしまいます。

自分が必要とするクレジットカードに絞ることは、クレジットヒストリーを作るうえでも、無駄な出費を減らすうえでもとても大事なことです。ましてや年会費のかかるクレジットカードを複数枚持っているなら、是非見直してください。

ゴールドカードやプラチナカードで見栄を張らず、実力をつけるのが大事

たまに、これ見よがしにゴールドカードやプラチナカードを見せびらかす人がいます。もちろん見栄のためですが、意外に限度額は低く、ただただ自尊心を満足させるためだけに持っています。

わざわざ年間数万円を払って自尊心を満たすより、堅実に実力をつけ、身の丈に応じた振る舞いをする方が素敵だと思います。ガッツリ稼いで相当余裕が出来てから、年会費のかかるクレジットカードを持つべきでしょう。

複数枚のクレジットカードは住宅ローン審査に影響がある

また、複数のクレジットカードを持ち続けることで、住宅ローンの審査や高額ローンの審査に影響します。クレジットカードを複数枚持つと言うことは、「機会があれば利用する可能性が大いにある」と金融機関の審査部門は判断します。

住宅ローンの審査にはクレジットカードの枚数、キャッシングの使い方、消費者金融の借り入れなどがかなり影響します。ブラックリストに載ってないにしても、住宅ローンの審査に落ちてしまうと夫婦関係もこじれかねません。

結婚し子供が生まれれば、住宅ローンを組む可能性は高くなります。ですから、出来る限り早い段階でクレジットカードの枚数やキャッシング枠、消費者金融などを整理し、身軽にすることをお勧めします。