スマートフォンを購入する際、一括で購入できる人が結構いますが、私には到底できる芸当ではありません。ですから、スマートフォンを購入する度に割賦契約(分割払い)をしています。機種にもよりますが、1か月3,000円ほどの割賦契約ですので財布に優しいです。

このスマートフォンの割賦契約ですが、クレジットヒストリーや個人の信用情報に関係します。信用情報機関は我々の借り入れに対する返済はもちろん、スマートフォンの割賦契約の返済状況に関してもデータを蓄積しています。

私がauのスマートフォンを使っていますが、もし利用代金を滞納していたら、今回の楽天クレジットカードの審査を通ることは無かったでしょう。私がauでスマートフォンを購入したのが、2013年頃です。

iphone6s・割賦契約・分割払い

利用歴としては3年ほどありますが、一度も滞納をしたことはありません。以前の私でしたら、普通に滞納していたはずです。

しかし、携帯の割賦払いの履歴が信用情報に影響すると知っていましたので、電気やガス代、家賃を滞納しても、携帯の割賦払いだけは何があっても延滞しませんでした。

携帯割賦販売・信用情報CIC

SponcerdLink

ブラックな人や自己破産、債務整理した方こそ、スマホを割賦で購入し返済し続ける

SponcerdLink

私のようなブラックや自己破産、債務整理などをした方々は、新しくクレジットヒストリーを作ることが出来ません。ですから、喪が明けてクレジットカードや債務を申し込んでも、信用情報が真っ白すぎて審査が通りずらいです。

そういった場合に役立つのが、スマホを割賦で契約して返済し続けることです。スマホの割賦契約はクレジットヒストリーに掲載されますので、金融会社としてはある程度参考に出来ます。

スマホを分割払いで購入できない場合もあります。過去に延滞があり、そのまま放置しているともちろん割賦で購入は出来ません。

クレジットヒストリー・楽天クレジットカード

スマホの割賦払い(分割払い)なら1か月3,000円ほどですので、地味にクレジットヒストリーを積むことが出来ます。金融会社は、「この人間はきちんと返済し続けるのか」を知るために信用情報を見ます。

信用情報にスマホの割賦払い(分割払い)の延滞が1年以上に渡って無ければ、少額であれば貸し付けたり、クレジットの限度額を与えても返済できると判断するはずです。

クレジットの審査に関しては申し込んだ際、すぐにコンピューターのロジックで判断します。そのロジックの中に、信用情報のスマホ分割払いの状況も盛り込まれています。

私のようなブラックリストに載るような男でも楽天クレジットカードの審査に通ったのは、スマホの分割払いのクレジットヒストリーは大いに関係あると思います。

楽天クレジットカードを申しむ際のミニポイント

  • スマホを割賦契約(分割払い)で契約し、クレジットヒストリーを積む
  • 割賦払い(分割払い)は半年から1年継続し、後に楽天クレジットカードに申し込む