楽天クレジットカードやクレジットカードにはリボ払いという機能がついています。リボ払いなら30万円の商品やサービスを購入しても、1ヶ月に1万円を返済すればクレジットカードは通常通り使用できます。

リボ払い・楽天カード

以前、「楽天クレジットカードのリボ払いに心が揺らいでしまう」と記事を書きました。記事を書いた時は、絶対にリボ払いを使わずに欲望を抑えると偉そうに思っていました。

実際、今の自分なら楽天クレジットカードのリボ払いなしでも、贅沢しなれば十分に生活できます。しかし私は飲み会に誘われてしまい、キャバクラなどをハシゴしてしまったのです。使った金額は6万円ほどです。

すべて現金で支払ったのですが、当然手元にあった現金は減ります。現金が減れば楽天クレジットカードで支払えばいいのですが、手元に一定の現金がないと仕事の経費払いなどに差し支えかねません。

簡単にいえば、欲望に負けてキャバクラで遊んでしまい、プールしておくべきお金を使ってしまったということです。そのプールしておくべきお金の不足分を埋めるために、12月の楽天クレジットカードの支払い全額をリボ払いにしたのです。

楽天クレジットカード・リボ払いの恐怖

SponcerdLink

十数万円の支払いでしたが5,000円で済みます。私のキャバクラ遊び癖に火がつかないようにしなければ、楽天クレジットカードの支払いを滞納しかねません。

以前のように派遣やバイトの収入しかない状態ではありません。毎月、生活できる分だけの収入はあります。しかし私の遊び癖は筋金入りで、一旦飲んでしまうと「まっいいか」となってしまい、ついつい財布の紐がゆるくなってしまうのです。

ブラックリストに載ってしまっても楽天クレジットカードだけは手放さない

SponcerdLink

年末というテンションと夜の街のネオンに負けてしまいました。リボ払いは今回だけにしないと歯止めが効かなくなります。楽天カードで10万円、20万円と使っても、返済はたった5,000円~10,000円で済みますが金利がガッツリ乗ってきます。

この金利が後から効いてくるのです。金利の効き具合はサラ金の時に体験済みですから、春までに12月分のリボ払いを完済できるよう頑張りたいと思います。

私はブラックリストに載っていますので、10年にわたってクレジットカードをもてませんでした。それが今年、楽天クレジットカードの申し込みを何気なくしてみると審査が通りました。


楽天クレジットカードは私にとって10年ぶりのクレジットカードなのです。ですから食費を削ろうが、家賃を滞納しようが、体が悲鳴を上げるまで働いて楽天クレジットカードを死守したいと思っています。

楽天クレジットカードを使いながら借金を返済し、完済すれば楽天プレミアムカードや、ブラックリストにも優しいアメックスゴールド等へのステップも考えているぐらいです。この小さな夢を達成するためにも、まずは12月分のリボ払い完済です。

年末年始、入用が多いと思いますが財布の紐をしっかり締めて過ごします。