今の私は多重債務の頃の私とは大きく異なっています。いろんなことが前向きですし、仕事にも意欲的に取り組んでいます。仕事をすればするほど収益は上がり、私のお金は増えますのでありがたい限りです。

多重債務に苦しんだ頃は正社員や派遣社員として少ない給与で生きていました。一生懸命仕事をしようがしまいが給与は変わりません。ですから手を抜くことばかり考えていました。

しかし今は顧客の利益になることを必死に考え、リピートしてもらえるように誠意を持って対応しています。こういった心を持っていますので、お金を借りている金融会社にも誠意を持って対応しています。

返済が遅れることはありませんが、1,000円でも、2,000円でも返済額を増やし、こちらの現状を報告しています。毎月末が返済ですが、振り込みが終わると金融会社へ「振り込みしました」と連絡しています。

サラ金の担当者も人間だから人間らしく接するのが礼儀

SponcerdLink

サラ金会社へ毎月連絡していますと、自然に自分へ返済額を増やすプレッシャーを掛けることになります。返済額を数千円でも増やすと、サラ金の担当者も喜んでくれます。借金の額が大きいですから、数千円増えたところでたかが知れています。

しかし定期的に担当者へ連絡し続けることは、お互いの信頼を築くことになり、裏切ることは出来ないという義務感が生まれます。

私のような人間はブラックリストに載ってクレジットカードが制限されることよりも、信頼関係を築いた相手を裏切ることのほうが辛く感じます。ですから自分の生活が多少厳しくなっても、借金をきちんと返済し、担当者に迷惑をかけないように努力します。

SponcerdLink

今のサラ金会社は銀行の配下にありますので、昔のような脅して回収するようなことはありません。担当者も厳しい回収ノルマが果たされているわけではありません。

借金取り立て・追い込み

ですから債権者と債務者という間柄ですが、人間らしいやり取りが出来る時代になっています。仮に私の売上が落ちて返済額を減らして欲しい旨を連絡しても、担当者は親身になって応援してくれるでしょう。

他人からの応援は稼ぐことへの意欲に繋がり、モチベーションの維持になる

クレジットカードのキャッシング、サラ金、ローン、住宅や車のローン、奨学金、事業資金など借り入れには様々な種類があります。いずれも共通することは、利息をつけて返済しなければならないことです。

返済するということは収入が欠かせません。給与の伸びが見込めない仕事に就いていても、利息を返済するばかりで元金はなかなか減りません。自分の体や心を削って、金融会社に貢献しているだけです。

今一度、自分の給与の伸びの可能性を考える時間が必要です。さもないと数年、数十年に渡って金融会社に食われ続けるだけです。

借金返済の一番の近道はネットビジネスによる起業だと確信します。

終わり