クレジットカードでの支払いができないことが増えると、次は消費者金融に手を出してしまった買い物依存症の女性です。女性にとって消費者金融といえば、かなりハードルが高い金融会社です。元々のイメージが悪いので、申し込みを躊躇する人が多いはずです。

買い物依存症の女性も最初は躊躇しましたが、買い物をしたいという欲求が抑えきれず、消費者金融の門をたたきました。私も消費者金融からお金を借りて、ブラックリスト入りしてしまった人間です。

男の私でも消費者金融の門をたたくのは躊躇しましたが、慣れというものは恐ろしいです。1車借りて限度額がいっぱいになると、すぐに次の消費者金融に躊躇なく借りに行きます。

消費者金融・サラ金

消費者金融は契約さえしてしまえば、コンビニのATMなどで簡単に借りることが出来ます。この便利さが逆に借金額を増やしてしまいドツボにはまってしまいます。女性の買い物依存症は相変わらず止まりません。レジで「このカードは使えません」と言われると、「お金おろしてきます」と言って近くのATMに行ってお金を借りて支払います。

こうなってしまうと、買い物するたびに消費者金融でお金を借りに行きます。毎月の借入額が増えますので返済も増えます。返済額が増えれば、どこかからお金を借りないと生活が成り立ちません。

多重債務から自転車操業に陥り、更に借金が雪だるま式に増える

SponcerdLink

自転車操業が始まります。毎月足りない分を消費者金融で借りて、何とか返済することで安心していました。返済することで頭が一杯になっています。この自転車操業にハマると、妙にアドレナリンが出て、限度額まで借りては返しながら買物をするということを繰り返します。

借金が増えるたびに負い目を感じながらも、現実から逃げるための買い物を続けます。買い物をすればストレスを発散できますが、毎月の支払が重荷になることに変わりはありません。

「こんな生活っていつまで続くのだろう。私ってどうなるのだろう…」

買い物をしてストレスを解消し、そして厳しい返済がやってきて、また消費者金融でお金を借りる日々のストレスは相当なものです。買い物依存症の女性も流石に不安になり、自分の借金がいくらあるのかを整理しました。

毎月請求書が大量に送られてきていますが、封を開けていない請求書ばかりです。一つ一つ請求書を見ながら、電卓を恐る恐るたたきました。合計金額は600万円を超えていました。

「まさかこんなに借金が増えているなんて…」

自転車操業・多重債務

ここまで借金が膨れ上がると誰にも相談できなくなります。あまりにも大きな借金額に唖然とします。この段階ではなんとか自転車操業が回っていますが、いつまでもこれが続けられるはずがないと感じていました。

ことの重大さを請求書の合計から初めてわかるのです。

続く