SponcerdLink

買い物依存症から抜けだせずに、消費者金融にまで手を出してしまった20代の女性です。私の依存症はキャバクラなどの夜の街で、彼女の場合は買い物に依存していました。借金の増え方は私と似ていて、まさにドツボまっしぐらです。

彼女は「この買い物依存症による多重債務を何とかしないと…」と考えていました。思うのは簡単ですが、行動に移すのは本当に難しいものです。一時的に欲望を抑えることは出来ても、ちょっとしたきっかけで依存症に戻ってしまいます。

買い物依存症、アルコール依存症、ギャンブル依存症などの原因はストレスだと言われています。買物をすることでアドレナリンが出てストレス解消になります。買い物をしなくなるとストレスが強烈に溜まってしまい、イライラしてしまいます。

依存症は体の奥まで染み渡っていますので、脱出するのは非常に困難です。そんな状態ですから彼女も買い物依存症から抜けだせませんでした。

買い物依存症でもおまとめローンを使えば急場をしのげる

SponcerdLink

彼女は買い物依存症ながら、なんとか今出来ることをしようと考えました。返済額は膨れ上がっていますので、いつ返済が滞ってしまうかわかりません。ですから返済額を少しでも減らすために、おまとめローンの申し込みをしました。

私と同じ道を歩んでいます。私もおまとめローンに申し込みをして、一時的に返済額を減らすことが出来ました。おまとめローンによってサラ金会社からの借り入れ数は減りましたが、私の場合は再度サラ金に借金をしてしまい、以前よりも借金が増えてしまいました。

おまとめローン

彼女はおまとめローンに申し込みましたが、幸か不幸か審査落ちしました。返済の延滞や600万円以上の借入額が効いたのかもしれません。

彼女は落ち込みながらも返済のために、消費者金融のATMに返済し、すぐに引き出そうとしました。ATMで返済し、数千円を引き出そうとしましたが引き出し(借金)ができません。何度やっても、いつも引き出していたお金が引き出せません。

他の消費者金融のATMにも行きましたが、返済のみを受け付けるだけで借金は出来なくなっていました。私も全く同じ場面に出くわしたことがあります。この時は冷や汗が止まらずに、少し震えていたように思います。

自転車操業

自転車操業のペダルを漕げなくなる瞬感です。今までは日に日に重くなるペダルを漕いでいましたが、全くペダルが動かなくなるのです。彼女の給与だけで借金を返済してしまうと、生活が出来ないほど返済負担は重くなっていました。

新しく借り入れをすることは絶対にできません。新しく貸してくれる金融会社といえば、いわゆるヤミ金融以外にあり得ません。ヤミ金融に手を出してしまうと骨の随までしゃぶられます。

彼女の脳裏にはヤミ金もよぎりましたが、流石に躊躇しました。親や友達に相談できるはずがありません。会社に巨額の借金がバレてしまうと、首になるかもしれませんので会社に出社するのもビクビクしています。

しかし出社しないと給与が貰えませんから、返済はおろか生活も出来ません。借金は返済できない、水道光熱費や家賃も払えないとなるとホームレス一直線です。

彼女の精神はとても不安定な状態に陥ります。

続く