パチンコに依存してしまった彼は自分の給与だけでは足らなくなり、消費者金融に手を出しました。消費者金融といえば手軽に50万円、100万円と簡単に借りることが出来ます。彼の場合クレジットヒストリーはまだ綺麗でしたし、正社員ですから優良顧客です。

消費者金融に申し込むと一瞬で30万円を借りることが出来ました。簡単に30万円を借りることが出来てしまうと、自分の給与がとても安いように感じます。

そりゃそうでしょう。申し込むだけですぐに30万円を手にすることが出来るのですから、仕事をするのが馬鹿らしくなるかもしれません。消費者金融から借りたお金を持ってパチンコ屋へ意気揚々と向かいます。

一瞬にしてお金が手に入る借金はギャンブル依存症と同じように依存する

SponcerdLink

借金のお金を即座にギャンブルで使う時点で、ギャンブルに依存しているのがわかります。30万円という大金をパチンコで使うと、みるみるうちに減っていきます。

彼はこのままでは金がなくなってしまうと思い、すぐに別の消費者金融にも手を出し、クレジットカードも申し込んで、少しずつ多重債務の世界に嵌っていきます。クレジットカードで買い物をしてもリボ払いや分割払いで払います。

借金の総額はあっという間に100万円を超えました。100万円を超えると返済が重くなりますので、心が少しずつ重くなります。そんな彼の事情を母親は察したのか、落ち込んでいる彼を問いただしました。

パチンコ依存症・ギャンブル依存症

SponcerdLink

元々素直な性格だった彼は両親に問いつめられると、心を開かずに入られませんでした。自分がパチンコに嵌ってしまい、パチンコをするために消費者金融やクレジットカードに手を出していることを話しました。

両親は彼の素行が怪しいと以前から思っていて、もしかしたら借金をしているかも知れないと予想していました。息子に借金をすることの怖さ、ギャンブルをすることがいかに無駄で意味のないことかを説きます。

息子が背負った借金100万円を両親が代わりに返済しました。彼は自分の両親の優しさに心から感謝し、二度とパチンコなどのギャンブルはしないと誓いました。

周りの知人や環境がパチンコに近いと再びギャンブル依存症が勃発する

二度とギャンブルをしないと心に決めて会社に出社すると、同僚たちが「パチンコに負けた、買った、あの台が出る・出ない」と話しています。彼は同僚のそんな話を聞いてしまうと、またパチンコ屋に行ってしまうためパチンコの話には加わりませんでした。

しかし彼はギャンブル依存症ですから、彼らの話が聞きたくて聞きたくてウズウズします。少しずつ会話に加わってしまい、パチンコ屋の前まで足を運んでは帰るという行動を何度も繰り返します。

そんな行動をしていると彼のストレスは爆発寸前になってしまい、ついにパチンコ屋のドアを開けてしまいます。久しぶりに聞いた騒がしいパチンコ球やスロットの音、店内放送などが耳に入ると一気にアドレナリンが出ます。

彼の興奮はMAXに達します。とりあえず5,000円だけパチンコをして帰ろうと決めて、パチンコをし始めます。自分の目にパチンコ玉や数字が回転する画面が新鮮に映ります。

やっぱりパチンコはいいよな。

続く