SponcerdLink

両親に消費者金融の借金を肩代わりしてもらいましたが、ギャンブルに行きたくて行きたくてウズウズしていました。たまらなくなってパチンコ屋に訪問してしまいます。そして二度とやらないと決めていたパチンコに手を出してしまいました。

彼は1,000円だけパチンコをして帰ろうと思いました。久しぶりのパチンコに興奮が収まりません。ある意味、パチンコは彼にとって軽いドラッグなのです。

ギャンブル依存症・パチンコ依存症

1,000円だけでやめるはずでしたが、やめられるはずがありません。あっという間に5,000円を使いきりました。ここでやめればいいのですが、あと5,000円だけと心に決めてお金をパチンコ球に交換します。

残り2,000円となったところで小当りします。久しぶりの当たりに彼のアドレナリンは更にでます。小当りを何度か繰り返してしまい、彼は以前のギャンブル依存していた時の顔に戻っていました。

ギャンブル依存症が再発すると、一瞬で以前のギャンブル依存の顔に戻る

SponcerdLink

小当りしたものの飲まれてしまい、またお金を使います。結局、手持ちの3万円全てを使いきりました。彼はパチンコ屋から肩を落としながら出るのかとおもいきや、すぐに銀行に行って現金を引き出します。

そしてまたパチンコ屋に戻ってしまいます。「俺の経験から考えると、必ずあの台が出る」と思い込んでパチンコを打ち始めます。

一度嵌ってドツボまで落ちた人が再起して、再びドツボに落ちる場合は本当に多いです。それほど何かに依存するということは危険なことなのです。これはパチンコなどのギャンブルだけに限りません。

買い物依存症、恋愛依存症、ギャンブル依存症、アルコール依存症など、沢山の依存症が口を開けて我々を待っています。そして依存すると必ずお金が足らなくなって、借金をしてしまいます。

ギャンブル依存症・パチンコ依存症

キャバクラに依存して借金まみれのブラックになると、借り入れができないのでキャバクラへ行けない

私の場合はキャバクラのホステスに依存していました。2時間で2万円以上支払って、ホステスを口説こうとしたり、ホステスに褒めてもらっていました。

しかもホステスは顔とスタイルはもちろん、気立てが良くて聞き上手な女性が多いので、男性からすればたまらない存在です。私は見事にキャバクラのホステスに依存して、借金を600万円以上作り、ブラックリストに載ってしまいました。

今の私はキャバクラや女性に対して依存していません。依存しなくなったのは、お金が無くなってキャバクラに行けなくなったからです。キャバクラに行けない期間が10年近くありましたので、存在自体も気にならなくなるのです。

パチンコ依存症の彼の場合、借金を両親に肩代わりしてもらいました。これは非常に危険です。ちょっと気が緩むと、また消費者金融でお金を借りれてしいます。

人間はそれほど強い生き物ではないのです。

続く