クレジットカードや消費者金融などから借り入れをしていて、返済日に返済が間に合わないことがあると思います。私は仕事をやめてしまった翌月には返済日にお金が足りず、滞納してしまいました。何回ぐらい、何ヶ月ぐらい延滞するとブラックリストに載るかは気になるところでしょう。

本来であれば毎月決められた日にきちんと返済し続けることで、信用度が上がります。信用度が上がればクレジットカード会社や金融会社は「このお客はきちんと返済する優良顧客」と判断し、限度額や貸付額を増額します。

返済を延滞することなく継続出来ればいうこと無いのですが、人にはいろんな事情があります。いろんな事情が延滞を引き起こしますが、1回の延滞でブラックリストに載るでしょうか?

『利用枠・限度額が増える=借金できる額が増える』

信用情報機関にはたった1回の延滞でもしっかりと記録されます。クレジットカードを新しく作る際、カード会社はCICなど信用情報機関で我々の金融情報を参照します。その際に延滞していないかなどを確認します。

1回の延滞であれば、「銀行引き落としの際に残高がたまたま不足していた」と判断し、審査には影響がほぼありません。

しかし私のように何度も延滞が続くと別次元の話になります。

クレジットカードなどの返済を3ヶ月連続で延滞するとブラックリストに載る

SponcerdLink

クレジットカードや消費者金融などの返済を3ヶ月連続で延滞すると、間違いなくブラックリストに載ります。返済日から61日以内に返済がなく延滞した場合も、ブラックリストに載る可能性が高いです。

SponcerdLink

2ヶ月連続で返済を延滞すると、楽天クレジットカードのようなクレジットカード会社はカードを止めて契約解除します。楽天クレジットカードは契約中も信用情報機関で、我々の情報をしっかりと確認しています。(いわゆる途上与信です。)

他のクレジットカード会社や金融会社でも、限度額を引き下げたり、一時的に利用を制限する場合があります。

返済の延滞がさらに続くと、自分が持っているクレジットカードが全て使えなくなります。消費者金融も返済して借り入れするという自転車操業が出来なくなります。契約解除やクレジットカードのりようが出来なくなっても返済は続きます。

自転車操業をしている人は、一つの歯車が狂うと一気にクレジットカードやローンの返済を延滞することになります。昔の私がまさにそうでした。

延滞・滞納・クレジットカード

「返済を延滞してもすぐに返済すれば問題ない」と思っている人がいますが間違っています。信用情報機関には返済の延滞がしっかりと記録されています。ですからクレジットカード会社や金融会社は、「要注意の顧客」と判断します。

クレジットカード会社が信用情報を確認するのは数年分ですので、まじめに返済していれば何年かあとに延滞記録が表に出てこなくなります。

私はブラックな状態で楽天クレジットカードを取得しました。家賃、光熱費などいろんな支払いがありますが、私は楽天クレジットカードの支払いを最優先にしています。最近は収入が上がり、余裕がありますがいつ沈むかわかりません。

適度に楽天クレジットカードを使い、返済もしながら、クレジットヒストリーを積み上げています。将来のアメックスカードを得るためにも頑張り続けます。