SponcerdLink

私は仕事をやめてしまってから自転車操業が出来なくなり、返済を怠ってブラックリストに載りました。暫くの間、消費者金融からの催促から逃げていました。しかし逃げることよりも現状を正直に話そうと思い直しました。

消費者金融の担当者と常時連絡を取りながら、1ヶ月に1,000円ずつ各社に返済していました。もし私が消費者金融会社に連絡せずに逃げていたら、今の私はないと思います。

クレジットカード会社や消費者金融会社に対して返済せず、連絡もしない人がいう言い訳は、「お金がないから、返済の催促の連絡があっても話しようがない。電話に出たところで無い袖は振れない」です。

返済できないことを開き直る人がいますが、これは一番宜しくない方法です。金融会社やクレジットカード会社に対して、どういった事情で返済できないのか、少なくともいつ頃にいくら支払えるのかということを話すべきです。

返済が滞ってしまう理由を金融会社に話すことは、ある意味自分をプロテクトすることにもなるのです。

返済を延滞し逃げ続けると裁判を起こされ、全てを差し押さえされる

SponcerdLink

クレジットカード会社や消費者金融会社は、返済はもちろん、連絡が取れなくなると流れ作業的に裁判を起こします。裁判を起こされて差し押さえなどをされると、自分が持っているものを換金されてしまい、身動きが取れなくなります。

クレジットカード会社や消費者金融会社からの連絡にさえ応じて、現状の説明や今後の支払額などを相談していれば、裁判を起こされることはありません。

消費者金融会社への連絡を怠り裁判を起こされた

偉そうに書いている私ですが、実は1社から裁判を起こされたことがあります。各金融会社に連絡して、小学を返済しているつもりでしたが1社抜けていました。電話は滞納して止まっていましたので、サラ金会社は連絡のつけようがなかったと思います。

サラ金会社から封書は着ていたはずですが、金融関係の封書は内容も見ずに捨てていました。そうしているうちに裁判となり、裁判所へ出廷しました。

裁判所には金融会社から訴えられた人でいっぱい

生まれて初めて訴えられる側になったわけですから、正直おっかなびっくりの状態でした。一体どうなってしまうんだろうと思いながら出廷しましたが、最終的には分割払いでまとまりました。

裁判・裁判所・強制執行・差し押さえ

特に何かを差し押さえされることなく、今も分割で支払い続けています。もし、裁判に出廷せずに無視していたら、差し押さえとなっていたことでしょう。

訴えられて裁判所に出廷したのはかなり効きました。債務は50万円ほどですが、裁判所に被告として出廷したことは、恐怖感と罪悪感と情けなさに参ってしまいました。自分の生活態度がいかに怠惰で、人様に迷惑をかけたかということを感じました。

返済は1日でも延滞すれば信用情報に延滞として記載されます。延滞したとしてもすぐに返済し、その後に期日を守って返済すれば問題ありません。

何よりも延滞し続けて、金融会社やクレジットカード会社に対して何の連絡もしないというのが一番まずい行為です。相手は鬼ではありません。返済が苦しくなったら連絡すれば相談に乗ってくれます。

返済から逃げる行為だけは避けてください。