SponcerdLink

クレジットカード、銀行ローン、消費者金融などを一切借り入れしなければ、ブラックリストなどとは基本的に縁がなくなります。ホワイトリストによるデメリットはかなり生じますが、ブラックリストに載るよりはマシかもしれません。

ただ学生時代に奨学金を利用されている方は別の問題を抱えています。奨学金滞納による報道を目にすることが多々ありますが、奨学金を利用されている方は滞納に要注意です。

奨学金といえば「滞納してもそれほど厳しくない」というふうに思われがちで、返済をせずに長期間にわたって滞納している方が多くいます。

日本学生支援機構も滞納者に対してかなり難儀していましたが、平成20年から信用情報機関に加盟し、これまで以上に催促と返還請求に重点を置くようになりました。

日本学生支援機構が信用情報機関に加盟

信用情報機関に加盟する」という意味がおわかりだと思います。日本学生支援機構が信用情報機関に加盟したことによって、奨学金返済の延滞は信用情報機関に登録されることを意味します。

日本学生支援機構は「延滞が3ヶ月間以上続いた場合、信用情報機関に登録する」と発表しています。

クレジットカードや消費者金融などと比較すると、信用情報機関に登録するのは若干ゆるいですが、3ヶ月以上の滞納により延滞やブラックリストに載ることになります。これはかなり重い事項です。

日本学生支援機構は支援する機構ではなく、金融会社へと変貌した

SponcerdLink

延滞が続く場合は日本学生支援機構は債権を債権回収会社に移転し、債権回収会社からガッツリと回収されます。

債権回収会社からの催促に応じず放置していると裁判所に訴えられてしまい、差し押さえによる強制執行が行われます。債権回収会社は非常に事務的なので、放置しているとサクッと強制執行されます。

ただ債権回収に私も消費者金融を返済していますが、きちんと連絡して少額でも返済すれば強制執行はされません。債権を回収することが仕事ですが、連絡を取れる状態にするのとしないのでは対応が全く異なります。

奨学金滞納

日本はバブル以降、失われた20年という不名誉な時代を通過しました。今も一部の富裕層のみが潤い、多くの中間層や下位層の収入は増えていません。下手すればリストラに遭い収入が絶たれています。

こういった層が奨学金を借りていることが多く、返済を延滞してしまいブラックリストに載ってしまいます。確かに大学や専門学校に行くことは大事ですが、一流大学を出ていてもリストラされる時代です。

奨学金を借りる前に、長い人生の中では収入に上下があることを知る必要があります。ご利用は計画的にではないですが、日本学生支援機構は緩めの金融会社と変貌していることを知っておくべきです。