SponcerdLink

自分の両親が破産したり、延滞によってブラックリストに載らないとは限りません。自分の父親が破産をしてブラックリストに載ってしまったケースを考えてみます。

「父親が破産したから、自分はクレジットカードが作れず、住宅ローンも組めない。審査の時に小屋の破産がバレてしまうから仕方ない…」

こういう風に考える方は沢山います。親が亡くなると遺産を相続しますが、負の遺産を相続もしますので、そういったことが独り歩きしているようです。学校を卒業して、釈迦院人として働いている場合、親とは全くの別人として扱われます。

ですから、親のブラックリスト入りは子供へは影響しません。

子供が未成年ではなく自立している場合、親の信用情報は子供に影響しない

SponcerdLink

クレジットカードやローンを申し込んだ際に、親の金融事故情報がバレてしまうという都市伝説は間違っています。結婚した際に、結婚相手に自分の親の金融事故がバレてしまうという都市伝説も間違っています。

ただ探偵などを使われてしまい、官報を徴されると破産している場合はバレてしまいます。しかし私のように破産せずにブラックリストに載っている場合はバレません。

クレジットカード会社や金融機関は、申し込みがあった人の審査をするために信用情報のデータを閲覧します。そのデータを閲覧するには、申込者本人の承諾が必要です。また他人の信用情報を閲覧することも出来ません。

信用情報機関

クレジットカード会社や金融会社は、我々の了承を得て信用情報を見ますから、家族が保証人になるなどの理由がない限り、本人以外の人の情報を見ることは出来ません。

もし金融機関やクレジットカード会社が、勝手に他人の信用情報を閲覧したことがバレると、社会的な制裁を受けます。それだけ信用情報は厳格に運用されています。

保証人になることを頼まれても、断れる勇気がないと自分が借金を背負う

お勧めはしませんが、知人などの借り入れの保証人になる場合があります。知人の保証人になって、人生を狂わされた方は沢山います。ですから、どんなに仲が良くても保証人になってはいけません。

どうしても保証人にならざるをえない事情がある場合もあります。この際、信用していた知人が返済を延滞してブラックリストに載ったとします。そのブラックリストが保証人に移行されるという都市伝説がありますが、これは間違っています。

借り入れの本人が飛んでしまい、保証人に請求が来ても支払いを怠らなければ問題ありません。保証債務の返済をしっかり行えば、自分の信用情報に傷がつくことありません。ただ返済を怠れば、やはり信用情報に傷がつきます。

くれぐれも保証人にならないようにしましょう。