クレジットカードを申し込む際に、いろんな会社のクレジットカードを申し込んでしまう方がいます。これは宜しくありません。1ヶ月以内に3社以上のクレジットカードを申し込んでしまうと、カード会社の中で”申し込みブラック”とされてしまいます。

この時点でクレジットカードの審査が非常に通過しづらくなります。

なぜこういった申し込みブラックと言われる状態になるかといいますと、クレジットカードを申し込むのに複数のカード会社に対して一気に申し込むためです。

申し込みブラック

複数のクレジットカード会社に連続して申し込む人の多くは、お金に困っています。なんとかしてお金の工面をしたいと思っている場合が多いので、カード会社は多重債務を警戒します。

複数のクレジットカードを一度に申し込む人の多くは、キャッシングを利用して他の金融機関やクレジットカードの返済をします。私も経験がある自転車操業です。

クレジットカードカード会社は自転車草魚に非常に敏感です。特に途上与信を頻繁に行う楽天クレジットカードは、他のクレジットカードを作って利用するといきなり解約される場合もあります。

楽天クレジットカードのエラーコード2と呼ばれるものです。

クレジットカード会社は申込者を慎重に機械的に選別している

SponcerdLink

クレジットカードを発行する会社や金融機関からすれば、借り手がどういった状態にあるかを膨大なデータから予測します。今月の支払いが苦しいので、支払いするために借り入れをすれば自転車操業に陥ります。

一時的には自転車操業によって返済はできますが、新たな借り入れ分の返済がのってきます。よって今月よりも来月、来月よりも再来月の返済が厳しくなります。返済が厳しくなればなるほど、借り入れをしようとするのが人間です。

この状況をクレジットカード会社や金融機関が見逃すはずがありません。

クレジットカード会社

こういった自転車操業の状態出なかったとしても、連続でクレジットカードを申し込みますと、”申し込みブラック”状態になってしまいます。この俗称である”申し込みブラック”状態から抜け出すには6ヶ月間が必要です。

信用情報機関のデータに、クレジットカードを申し込んだという履歴が6ヶ月間残ります。ですから、6ヶ月間経過するまでは、他社のクレジットカードを申し込んだとしても審査が通過しにく状況が続きます。

申し込みブラックになってしまったら6ヶ月間の期間をあける

”申し込みブラック”は俗称であって、延滞によるブラックリストに載るのとは異なります。返済の延滞によるブラックリストは致命的ですが、”申し込みによるブラック”は6ヶ月経過すれば元の状態です。

3社以上のクレジットカード会社に申し込んで審査落ちしてしまった場合は、6ヶ月以上待ちましょう。6ヶ月以上経過してから、カード会社1社にターゲットを絞って申しこめば、審査は通過しやすくなります。

比較的審査が痛快しやすいクレジットカード