「過払い金返還請求権を行使しても、ブラックリストへの登録はしないように」とガイドラインが金融庁から発表されたことによって、貸金業会は大きく揺れました。この金融庁からのガイドラインを受け、引き直し計算によって借金が0円になったケースはブラックリストに載りません。

我々借り主や消費者金融などの貸金業者との間で「借金はない」の合意、貸金業者から借り主に対して「過払い金を返還します」という合意がなされた時点で、ブラックリストに載った情報を削除することになっています。

引き直し計算をしてまだ借金が残ってしまう場合は、「債務整理」という記録が残ることもありますので注意が必要です。それでも以前の暴利と比べれば、雲泥の差です。

ブラックリストに載ったとしても5年を待たずに十分復活できる

SponcerdLink

過払い金返還請求を行使して「債務整理・ブラック」と載ってしまうこともあります。しかしその内容は真っ当なものであり、私のようにいつまでも少額で返済をし続けているのとは様子が異なります。

私は多重債務で、今も消費者金融に少額を返済しつづけている人間でもですが、クレジットカードを作ることができています。

SponcerdLink

ですから「過払い金返還請求をするとブラックになる」と躊躇する必要は全くありません。過払い金返還請求は悪いことではなく、我々借り主が持つ真っ当な権利です。しかし過払い金返還請求には時効があります。

消費者金融などの貸金業者と最後の取引から10年間経過すると、請求することが出来なくなってしまいます。もし現時点で高額な利息で返済していた時期があり、今も返済していたり、完済している場合は過払い金返還請求を検討すべきでしょう。

過払い金返還請求を行使してボッタクられた利息を取り戻す

完済し終わっていても、最後の取引から10年経過していなければ、ボッタクられた利息を取り戻すことが出来ます。取り戻す行動をしないと貸金業者はポケットに入れたままです。

そして何くわぬ顔をして、また別の人間に資金を貸して利息で生きていくのです。貸金を否定するわけでは決してありません。ただ暴利を貪る貸金業者が、一部上場会社してやりたい放題していたのは余りにも酷すぎます。

庶民からボッタクリをした資金で飯を食うなど言語道断です。今一度、ご自身の取引を見なおしてみてください。