ヤミ金業者は会社や自宅を無差別に訪問したり、電話して嫌がらせを続けます。更に酷いヤミ金業者になりますと、子供が通っている学校まで行って子供に声をかけたりします。子供が怖そうなオジサンに声をかけられたとなりますと、親としてはかなり慌てます。

自分の子供にまでヤミ金業者は嫌がらせをしかねないからです。流石に直接子供に対して何かをすることはありませんが、子供に声をかけることはかなりプレッシャーになります。

子供をも巻き込むことで家族中に精神的負担をかけ、暴利を貪り続けるのです。あまりの精神的負担にすべてを捨ててしまう人もいるぐらいです。違法な取り立て、違法な金利に怖くなってしまい、どうしようもなくなるのです。

ヤミ金業者

インターネットを見ればヤミ金による被害はたくさん見つけることが出来ます。私も借金に首が回らなくなり大変な思いをしました。しかしヤミ金にだけは手を出しませんでした。

それでも一時期は、どこかでお金を借りれないかと金融業者を探したものです。信用情報機関の仕組みがわかるようになると、いくらあがいても無駄なことがわかります。しかし当時は信用情報機関の存在さえ知りませんでした。

ですからいろんな金融業者、クレジットカード会社にひたすら申し込んでいました。審査に通るはずがありません。私のように追い込まれると、藁をもすがる思いでヤミ金に手を出したくなってしまいます。

ヤミ金かきちんとした貸金業者かを見分ける方法

SponcerdLink

では自分が借り入れする貸金業者が、ヤミ金かきちんとした貸金業者かをどうやって見分けるかが問題です。金融業を行う場合、貸金業登録番号を取得する必要があります。国に対して貸金業の許可を貰わないと営業できません。

ですから貸金行登録番号を確認すればよいかと思いがちです。しかし、この貸金業登録番号で見分けることは出来ません。

なぜなら闇金業者も貸金業登録番号を取得しているからです。

大手の消費者金融や貸金業者はホームページのわかり易い場所に、貸金業登録番号を掲げています。アコムの場合はホームページの最下部に掲載されていました。

貸金業登録番号

ホームページやチラシ、広告に貸金業登録番号を掲載していない業者から借り入れをするのは禁物です。闇金業者の可能性が極めて高いでしょう。

ただ貸金業登録番号を掲載していても、嘘を記載している場合もあります。こういった場合を防ぐために、金融庁では登録貸金業者情報検索ページを準備しています。

登録貸金業者情報検索ページ

登録貸金業者情報検索ページ

こういったサービスも有りますので、正規の貸金業者かどうかを判断してください。いずれにしても大手の業者で借りれなくなったら、既に自転車操業だと思います。

無理して借りようとせずに、任意整理や自己破産を検討すべきだと思います。

続く