借りたお金を返済するのは多くの人が思っている常識です。私も未だに借金を返済しつづけていますし、今後も返済を続けます。一時的には借金から逃げましたが、今は収入が少し安定していますので完済を目指しています。

借金を返すのは当たり前ですが、無理に無理を重ねてまで返済する必要はありません。借金をしてしまう事情は様々です。私のようにキャバクラに嵌って借金まみれになった人間と、生活苦で借金を背負ってしまった人間では次元が違います。

やむを得ない事情によって借金を背負ってしまった場合は、体をボロボロにしてまで返済する必要はありません。出来る範囲で十分だと思います。

物理的に返済できるお金がない時は、金融会社に連絡をして返済を待ってもらえるよう依頼してください。一番やってはいけないのは、返済できる見込みが無いのに他から借りて返済することです。

借金は命をかけてまで返済するものではない

SponcerdLink

借金を返済しないのは道徳観が欠如している、モラルがないと考えがちです。しかし道徳観がない人やモラルが欠如している人は資金を借りて、一回目の返済から飛ばしています。

しかし多くの人は何年も返済しつづけた上で苦しくなってしまい、自分のすべてを精算してまでも借金を返済しようとします。善意を持って何年も返済しつづけた上で、返済が苦しくなるのと最初から返済しないのでは、これも次元が違います。

借りたお金に対して返済しなくてもよい権利を我々は持っています。生存権として、「人間としての最低限度の生活が保証」されています。

この保証がされているわけですから、破産法に基づいて債務が免除されるのです。自己破産を申請し認めて貰えれば、我々が抱えている借金はすべてチャラになります。言い方は悪いですが借りたお金を踏み倒せるのです。

自己破産は一般人にあまりにもハードルが高い

自己破産と聞くと簡単そうにも思えますが、私のような自転車操業を経験した人間でも自己破産に抵抗はあります。まず自己破産をすると官報に載りますので、自分が自己破産したことが知り合いなどに知れてしまいます。

この恥ずかしさたるや…。また自己破産をすると就けない職業があったり、各種免許に影響が出る場合があります。

私の場合は自業自得による借金ですし、600万円ほどですから何とか返せる額だと思っています。しかし数千万円クラスの借金となると話は別です。頑張って返せる額ではない金額もありますから、見極めが大切です。

借金返済・自己破産

無理して返済しようとして、とても悲しい事件は頻繁に起こっています。リストラで仕事を失ってしまい住宅ローンを返済できなくなった日本人は沢山います。

その中で何とか妻と子供に家を残したいと思い、自害する場合があります。住宅ローンの多くは団体信用生命保険とセットになっています。生命保険は保険金目当ての自殺の場合は、支払われないことが多々あります。

しかし加入から3年が経過し、心神喪失状態での自害の場合は保険金がおりやすくなっています。男性の自殺による保険金で住宅ローン返済の義務はなくなりましたが、お金よりも遥かに大事な命を失ってしまいました。

続く