SponcerdLink

借金を返せなくて個人が潰れてしまうことはありますが、貸し手の金融機関が潰れることはありません。金融機関は商売としてお金を貸していますので、相手に返済できる力が有るかどうかを調査します。

調査した結果、融資をしないという判断をすることもありますし、融資した場合は回収するためにいろんな努力を継続して行います。融資を受けた我々には返済義務がありますが、金融機関も商売で融資した以上、借金が貸し倒れになるのは仕入れた商品が売れなかったのと同じことになります。

消費者金融や銀行、信販会社などの金融機関から資金の融資を受けた場合と、友人や知人から融資を受ける場合では次元が違います。

友人、知人からの借金は時間がかかっても返済し続けるのが人としての道徳です。

借金返済は人生において優先させるべき事柄ではない

SponcerdLink

借金を返済しつづけていると、病気や仕事の都合などの環境の変化によって資金が不足する場合があります。借金の返済が出来なくなっていましますが、考えるべきことは自分と家族の最低限の生活を死守することです。

私も借金が返済できない期間が数年間に渡りました。借金は返済できませんでしたが、最低限の生活は維持していました。金融業者には申し訳ないのですが、まずは自分を守ることが最優先です。

自分や家族の生活を守ることを優先し、生活を立て直すことができたら借金の返済に手を付けるべきです。返済するにしても、貸金業者1社につき1,000円や2,000円でもOKです。

もちろん貸金業者に対して定期的な連絡は必要です。貸金業者は定期的な連絡と少額でも返済があれば、かなり融通をきいてくれます。遅延損害金によって一時的に利息は膨らみますが、和解する際や支払っていくうちに交渉ができます。

金利のストップはもちろん、元金の減額相談も可能です。ただ相談が出来るのは、きちんと少額を返済しつづけ、定期的な連絡をしている場合です。

ブラックリスト入りしていたとしても、誠意を持って少額を返済し続けることでいろんな道が開けてきます。

借金返済は二の次でいい

自己破産をしてやり直したくても出来ない職業の人もいる

借金は自己破産をすれば、だいたい無くなります。私もそうですが自己破産をしたくない人は少なからずいます。自己破産をしてしまうことで職業や各種資格などに制限がかかる場合があります。

弁護士 行政書士 司法書士 税理士 弁理士 社会保険労務士 公証人 不動産鑑定士 土地家屋調査士 宅地建物取引主任者(宅建) 検察審査員 人事院人事官 公正取引委員会の委員長・委員 商品取引所の会員・役員 証券取引外務員  住宅金融公庫の役員 生命保険募集員・損害保険代理店 警備業者・警備員 質屋 有価証券投資顧問業者 国家公安委員会の委員 教育委員会の委員 風俗営業者・風俗営業所の管理者 日本中央競馬会の役員  等
自己破産による民法・商法上の資格制限
  • 民法上、就任できない・解任される地位→後見人 成年後見監督人 保佐人 遺言執行者
  • 商法上、就任できない・解任される地位→株式会社および有限会社の取締役・監査役・合資会社および合名会社の社員

上記の事情によって自己破産したくても出来ない、したくない人も多くいます。

続く