SponcerdLink

弁護士に金融機関との返済交渉を依頼し、1ヶ月3万円を弁護士に振り込むように言われました。弁護士に1ヶ月3万円を振り込んでいる間は、住宅ローンの返済を止めるように言われていました。弁護士から言われるがまま返済を止めて、弁護士に支払いを続けました。

1年経過すると、Aさんの自宅は競売にかけられてしまいました。Aさんは弁護士の言うとおりにしていたのに、金融機関である債権者から競売にかけられてしまったのです。Aさんは慌てて弁護士に連絡します。

すると弁護士は冷たく「自己破産しか無いですね」とAさんを突き放しました。Aさんは弁護士に激怒しました。競売前に、Aさんから弁護士に定期的に「大丈夫でしょうか」と連絡していました。弁護士は「大丈夫です」の一点張りでした。

弁護士に連絡をすると、いつも弁護士は無愛想で機嫌が悪い感じでした。Aさんは弁護士の機嫌を損ねてはまずいと思い、交渉の詳細を聞けませんでした。

悪徳弁護士・自己破産

Aさんは弁護士に対して「あなたが住宅ローンの返済を止めるように言ったから払わなかった。払ったのは弁護士のあなたへの手数料だけだ。どうしてくれるんだ?」と詰めます。

弁護士は「自己破産しかないでしょ。仕方ないです」と謝罪することもありませんでした。Aさんは弁護士を解任し、この弁護士を訴えることにしました。しかし弁護費用がかさみ、そして住宅は競売にかけられてしまうという最悪の結果になりました。

自己破産は最終的な決断です。弁護士に依頼して自己破産をしますが、弁護士の中には悪い人間もそこそこの割合でいることを忘れないでおきましょう。

弁護士や不動産業者は利益をえるために自己破産と任意売却を勧める

SponcerdLink

私も経験しましたが多額の借金を抱え、返済に困っている時は冷静な判断が下せなくなります。問題を抱えている時こそ、ネットや本などで情報収集をして冷静な判断が必要です。

任意売却をするには債権者(金融機関)の同意があって、物件を任意売却できます。しかし任意売却の交渉中に返済をしていると、債権者は交渉に乗りません。そこで意図的に返済を止めて金融事故を起こします。どうせ返済しないので、支払いを抑えて手元に現金を残しましょう。


上記のような内容を弁護士や不動産業者は持ちかけます。合っている面もありますが、返済をいきなり止めるのは危険です。返済が滞ることで金融機関は任意売却への誘いに乗るのは事実です。

金融機関との交渉で任意売却が決定した場合は、返済を止めても問題ありません。金融機関と任意売却を交渉している最中の場合は、返済を止めるのは危険です。返済を止めてしまったことで、任意売却以外での解決方法を潰してしまうことになるからです。

「すぐに返済を止めて現金を手元に残してください」と勧める弁護士は、自己破産をさせることで手数料を狙っています。不動産業者の場合は任意売却をすることで、仲介手数料や物件の買取を狙っています。

返済を止めてしまうことは、自己破産か任意売却しか選択する道が無くなってしまいます。返済を止めてしまうことは、債務者(我々)の選択肢を狭めてしまう行為です。

物件の任意売却はローンの返済と滞ることで交渉しやすい面はあります。しかし返済を滞ったばっかりに、何もかも失敗してしまうケースも有ります。債権者(金融機関)によってケースは異なります。金融機関の仕組みの中では、債務者(我々)が滞納することで任意売却に乗る場合もありますが、必ずしも仕組み通りに進まないのが世の中です。

続く