住宅ローンの返済が苦しくなってリスケ(返済期日の延長)をすることで、通常の生活に戻って復活する事例は沢山あります。このリスケ(返済期日の延長)を私は消費者金融に対して、個人的に行っていました。

当時はリスケ(返済期日の延長)という言葉を知りませんでしたが、今から思えば私がやっていたのは「リスケ・返済期日の延長」でした。

独立起業すれば一気に逆転できると勘違いし、全く稼げずにブラックリスト入りしました。消費者金融に対して支払いが出来なってしまったことで、各消費者金融会社へ返済できない旨を伝えました。

ウル覚えですが、数年間は連絡のみだったり、数千円を返済したぐらいでした。一時期は消費者金融と全く連絡を取らずに放置していた時期もあります。

消費者金融会社から訴えられた時はビビった

当時のキャスコ(プライメックスキャピタル)という消費者金融会社は訴えを起こして、差し押さえにかかろうとしました。裁判所からの通知にビビってしまい、裁判所に出向いて被告人?として出廷しました。

かなりビビっていましたが、意外に話し合いに応じてくれて、返済できる分を当面は振り込んでくれればいいということで決まりました。

他の消費者金融会社から訴えを起こされてはいませんが、大きな金額を借りている場合は訴えを起こされる可能性もあるかも知れません。いずれにしても、クレジットカード会社、消費者金融、信販会社はリスケ・返済期日の延長に応じてくれます。

返済による困窮生活をしていても自力で復活することは不可能に近い

SponcerdLink

リスケをすればブラックリスト入りるする可能性は高いでしょう。しかしブラックリスト入りは一時的なことで、きちんと返済しつづけたり、クレジットヒストリーを積めば私のように復活します。必ずしも5年間待たないといけないわけではありません。

リスケに成功すれば訴えられることはありません。リスケの交渉をする際に、少しドキドキするぐらいです。返済によって困窮している人は、リスケ・返済期日の延長を視野に入れ交渉の準備をすべきです。

消費者金融・クレジットカード会社・信販会社は債権の回収が目的です。住宅ローンの平さんが怠って競売にかけたとしても、二束三文であれば意味がありません。消費者金融を滞納して訴えられても差し押さえする物がなければ同じです。

金融会社の本音は時間がかかったとしても、金利と元金を含めて全額回収できることを選択します。こういった本音が有りますから、債務者である私達が返済に対して前向きな態度を取れば待ってくれます。

返済が送れると遅延損害金と言って高い金利を取られます。一時的には高い金利がかかりますが、最終的な支払いの際に交渉することが十分可能です。

リスケ・返済期日の延長

仮に50万円を借りて延滞し、遅延損害金が溜まりに溜まって総額が100万円に膨れ上がったとします。当面は100万円に対して少額の返済を続け、自分でお金をストックしておきます。60万円ほど溜まったところで、金融会社に一括返済の提案をします。

そうすると少額の返済を何年間に渡って返済を続けられるよりも、金利分を減額してでも一気に回収したほうが懸命だと金融会社は考えます。

消費者金融・クレジットカード会社・信販会社には、こういった事情が有りますので、交渉の余地は十分にあるのです。私も一時期は金融会社から逃げていましたが、今ではこちから連絡を定期的にしています。

そうすることでお互いの解決の道が開けつつ有ります。返済に苦しんでいる人は、リスケ・返済期日の延長を金融会社と交渉してみてください。