SponcerdLink

クレジットカードが作れない、ローンが組めないと悩んでいる方の多くは、消費者金融などからの借金が重なっています。私も借金まみれの時は消費者金融6社から借り入れしていました。借金が膨らむと総量規制の枠を超え、さらに返済するのがギリギリの状態です。

自分がブラックリストに載ってしまっていると、クレジットカード作成を完全に諦めてしまいがちです。私自身もクレジットカード作成を諦めていましたが、たまたま申し込んだ楽天クレジットに救われました。

楽天プレミアムカード

毎月の返済に追われまくる生活に嵌ってしまうと、多くの場合は自転車操業に陥ってしまいます。一旦自転車操業に陥ると抜けだすのは本当に難しいです。

自転車操業状態になると、自分の収入の5割以上を消費者金融やクレジットカード会社に回ります。私も給与が入った日にすべての消費者金融に返済し終わると、残り数万円になってしまう状況でした。

残りの数万円で家賃、水道光熱費、食費などを考えると、生きていくのが難しいレベルまで落ち込みました。この状況に落ち込んでいる方は、精神的にも病んでいます。

多重債務の自転車操業に陥ると生活はすさみ心が病んでしまう

SponcerdLink

お金のゆとりは心のゆとりと言いますが、お金がないと何もかもが手詰まりになってしまいます。例えば手取りで18万円の収入があり、返済に10万円、家賃に5万円とします。残りは3万円で、水道光熱費、食費、雑費を支払うことになります。

恐ろしく厳しい節約生活を強いられるのです。電気、ガス、水道を徹底的に節約し、食事も1日に1食か2食です。1回あたりの食費も100円、200円が限界です。

こういった状況の中で返済して消費者金融の枠が5,000円でも広がると、すぐに5,000円を借りてしまいます。ギリギリで暮らしてはいますが、永久に借金の元金は減りません。この極貧生活が何年も続くと、更に病んでしまい何もかもが嫌になってしまいます。

借金地獄、自転車操業という泥沼は恐ろしく深く、抜けだすのはほぼ難しい現実が有ります。自分の予定の中にない出費(病気・事故など)が起こると、一瞬で破綻するか、何かを滞納せざるを得なくなってしまいます。

借金返済・銀行の口座残高

この状況から抜けだすための方法は2つです。収入を増やすことと、借金を減らすことです。収入を増やす方法は追々解説するとして、借金を減らすのが一番手っ取り早いでしょう。

他の記事内でも紹介していますが、借金を減らして、人間らしい生活を取り戻すのは債務整理です。債務整理をすることで自転車操業という悪循環から脱出でき、新しい人生を踏み出せます。債務整理は早ければ早いほどよいです。

債務整理という方法は自転車操業で苦しんでいる人全員が活用すべき方法です。しかし債務整理という言葉も知らずに、返済をし続けている方がほとんどでしょう。

また借金を返済せずに、借金を整理してしまうことに抵抗がある日本の風潮にも問題があるかもしれません。

続く