「No.3 債務整理をすれば過払い金返還請求が発生し借金がゼロになる」の続きです。

私のような多重債務者は、複数の消費者金融会社、信販会社などから借金をしています。債務整理をして過払い金を請求する際に、本来であれば全ての業者に対して過払い金請求をします。しかし借り入れしている貸金業者に対して、恩を感じている場合があります。

恩を感じるのは「苦しい時に貸してくれた」といった時です。例えば6社から借り入れしていて、5社に過払い金請求をしたとします。しかし1社のみに過払い金請求をしない場合があります。

理由は苦しい時に融資をしてくれた業者に対して、過払い金請求をするのは不義理だと思ってしまうのです。こう思ってしまう方の多くは真面目な方です。苦しい時に融資してくれたのは、借りた側の理由です。

消費者金融・サラ金

融資した貸金業者は、この人間にお金を貸しても元金利息を十分に回収できるという判断があったから融資をしています。しかもグレーゾーン金利で融資していますので、十分にお客から利益をとっています。

我々のような多重債務者は、過払い金請求権という権利があるのです。貸金業者はグレーゾーン金利を利用して、お客からボッタクリの商売を続けていたのです。こういった現実がありますから、消費者金融は信販会社に恩など一切必要ありません。

必要以上に支払った利息を取り戻すのは当たり前のことです。

過払い金請求は自分でもできるが弁護士や司法書士に依頼するのが無難

SponcerdLink

過払い金を請求するのは弁護士や司法書士に依頼します。個人で出来ないことはありませんが、若干の難しさはあります。私は引き直し計算などを特にせずに、ネットで調べた知識を元に自力和解に持ち込みました。

ただ貸金業者が折れない場合があります。その場合は裁判になりますから、素人の我々では難しい作業です。基本的には弁護士や司法書士に依頼するのがいいと思います。

弁護士や司法書士が金融業者に対して過払い金を請求しても、応じない場合もあります。そういった場合は裁判を起こします。裁判と言っても弁護士が行いますので、我々が裁判所に出廷して、何かの発言をするようなことはありません。

裁判所は既に沢山の過払い金請求の判例を元に和解を勧めます。貸金業者たちも既に散々和解していますので、基本的には過払い金請求の返還に応じます。

過払い金請求はそんなに難しいことではない

弁護士や司法書士に依頼する手数料ですが、ほとんどが過払い金請求して後で返還されるお金で支払えます。最初に数万円の頭金を取る場合もありますが、多くは過払い金のほうが多いためマイナスにはなりません。

弁護士などに依頼して過払い金請求をすると、今まで重くのしかかっていた返済が無くなります。自分が稼いだお金が全てが自分の好きな様に使えるのです。なぜ債務整理や過払い金請求をしなかったのかと悔やむほどでしょう。

今は私はネットビジネスなどで収入があり、返済も順調に行っています。しかし安定するまでは、返済が重くのしかかり厳しい時がありました。しかし自力の任意整理と収入の復活、楽天カード、楽天プレミアムカードの取得によって、更に安定度と充実度が増しています。

任意整理、過払い金請求などをして、人生を立て直しましょう。