任意整理をすると消費者金融などの貸金業者からの取り立ては無くなります。私も自力で和解をした後は、消費者金融からの連絡はなくなりました。返済に詰まってしまうほど高額な返済をしていませんので、生活に余裕が生まれ、その余裕が収入を増やしています。

任意整理は自己破産と異なり、借金の返済額を減額することになります。(自己破産の場合は裁判所から認められれば借金の殆どが無くなります)ですから、すべての借金がなくなるわけではありません。

自分が健康的に生きていける範囲での返済をしていくことになります。弁護士などに任意整理を依頼すると、3~6ヶ月間は交渉期間となります。この3~6ヶ月間は返済しない場合が殆どです。この間にしっかりと生活を立て直し、交渉が成立した後の生活に備えます。

任意整理

任意整理をして交渉している間に返済しないということは、当然ブラックリストに載ります。信用情報機関に事故登録(ブラック)されますので、新しいクレジットカードを作ったり、新しい借り入れは出来ません。

クレジットカードの更新時期が迫っている場合は、更新の際にクレジットカード会社からカードの破棄を連絡される場合もあります。

このクレジットカードを失ってしまうのが嫌で任意整理をせずに頑張って返済していても、結局は返済できなくなる場合が殆どです。ブラックリストに載らないことを優先するよりも、返済額を減らし、生活を立て直す選択のほうが賢明です。

貸金業者が任意整理を受け付けない場合もある

SponcerdLink

任意整理によって返済を減らし、引き直し計算で過払い金請求をして多くの人が再起してきました。この過払い金請求によってサラ金などの貸金業者達の財務状況は悪化し、倒産したり買収されたりしました。

貸金業者の懐事情は決して宜しくありませんので、任意整理に対して首を縦に振らない場合があります。弁護士や司法書士が必死に交渉をしても、無い袖は振れない理論で反発してくる現状もあります。

引き直し計算によって借金の減額には応じるものの、残金を一括請求されたり、利息制限法のの範囲内で遅延損害金を請求してくる場合もあります。

任意整理は字のごとく任意ですから、貸金業者は必ずしも応じる必要がない場合もあります。ましてや任意整理に慣れていない弁護士などに依頼すると、貸金業者も弁護士の足元を見てきます。

貸金業者が任意整理に応じないで「いつでも裁判で戦う」という姿勢を見せることもあります。こういった場合は、任意整理が難しくなってしまいます。残された方法としては任意整理ではなく、法的整理による破産や個人再生といった道になります。