おまとめローンの審査は通常の消費者金融や信販、クレジットカードよりも厳しくなります。このおまとめローンの審査を通過するために、自分で準備できることが沢山ありますので紹介します。審査項目、審査基準、審査通過などポイントがあります。

ローンに申し込むと必ず審査があります。審査をする目的はおまとめローンなどを申し込んだ人に返済能力があるかを判断するためです。

おまとめローンやクレジットカードを申し込む際に、貸金業者が参考するにのは、申込内容の調査とコンピューターによるスコアリング審査です。

おまとめローンの申込内容に関する調査

SponcerdLink

おまとめローンやクレジットカードを申し込む際に、自分に関する詳細を記入します。貸金業者は申し込まれた内容について虚偽がないかを判断するために、個人信用情報機関を参照します。

信用情報には申込者がローンやクレジットカードを利用した情報が記載されています。

個人信用情報機関に登録している情報と、申込情報を記載されたデータを勘案しながら信ぴょう性を判断します。次に申し込まれた仕事先で、実際に働いているかの在籍確認を取ります。

最近はおまとめローンなどの貸金業者は在籍確認を取らなくなっています。クレジットカードの申し込みでは、殆ど在籍確認をとりません。私自身も楽天クレジットカード、楽天プレミアムカード、auwalletクレジットカードを申し込みましたが、一度も在籍確認はありません。

SponcerdLink

おまとめローンで借金を一本化する金額が大きい場合は、在籍確認がある可能性が高いです。100万円以上のおまとめローンの場合は、ほぼ在籍確認はあるようです。

在籍確認と言っても、おまとめローンの会社や貸金業者の名前をいうわけではありません。「〇〇さん、いらっしゃいますか?」と言った具合にこっそりと連絡をします。「どなた様ですか?」と聞いても個人名で返答しますので問題ありません。

スコアリング審査

おまとめローンのコンピュータースコアリング

おまとめローンなどを提供している貸金業者は、これまで自社で抱えてきた顧客のデータを大量に保有しています。Aという顧客の支払履歴をデータに持っていて、審査の際に応用しています。

年齢、性別、既婚or未婚、勤務先、勤務年数、勤務形態や年収、借入希望額、他社借入件数、他社借入金額、事故情報の有無など、様々な条件で検索し、申込者のプロフィールに一番近い過去のユーザーをコンピュータが検出します。

例えば私のように自営業、ブラックリスト、中年、一人暮らしなどの経歴を持つ人のデータが貸金業者に保管されています。

ですから私のような境遇の人が申し込んだ際に、参考データとして応用します。自営業、ブラックリスト、中年が今までに返済を怠らなかったかを参照し、申込者のデータと照合して審査をします。

続く