おまとめローンを利用したり、消費者金融会社に対して過払い請求などをして、多重債務から脱出できるのは素晴らしいことです。しかし借金の額によってはおまとめローンや任意整理で解決できない場合があります。こういった場合は自己破産を検討します。

多重債務の方の財産や収入を考慮して、借金を返済し続けることが出来ない状態に陥ったことを裁判所に認めてもらいます。そして財産などがあれば、それらを換金して平等にすべての債権者に配ります。この一連を自己破産といいます。

自己破産を申請する場合、借金の残りについて返済をする必要がなくなる手続きも同時に行います。この手続は「借金を返済しなくてもいいですよ」と裁判所に認めてもらうための「免責手続」と言います。

混同されやすいのですが、自己破産と免責手続は法律上別の手段です。

自己破産は借金額が大きくなくても裁判所から認められることがある

SponcerdLink

どういった状況なら自己破産を認められるかは、ある程度の目安があります。現在の借金額を36で割った時に、その割った金額が月々に返済できる限度額を上回っている場合は、支払いが不能と判断される目安になります。

自己破産と聞くと、大きな借金で返済に苦しんでいる場合にだけ適用されるイメージが有ります。しかし借金を抱えて辛い思いをしている人の事情を総合的に考慮し、支払いが不可能と判断されます。

仮に借金が100万円しかなったとしても、怪我や病気、高齢などによって収入が殆ど無く、換金できるような財産がない場合は、裁判所に自己破産を認めてもらえることが多々あります。

自己破産推移

自己破産によって借金を返済しなくてもよくなる免責は、借金の原因に著しく無駄遣いをしていないかの問題を抱えていないか、自己破産の手続きに対して誠意を持って協力しているかを考慮して与えられます。

免責が認められれば、原則として全ての借金を返済しなくてもよくなります。「自己破産」は、財産は原則として、全て換金し債権者に対して配布するという考えに立っています。

財産としては不動産、預金、生命保険、自動車、貴金属などが処分されて換金されます。すべての財産が処分されるといっても、文字通りに全ての財産を処分されてしまうと、自己破産した人の生活が完全に破綻します。

自己破産しても再スタートが切れない状態になっては意味がありません。こういった配慮から、一部の財産は処分されません。例えば99万円までの現金や家財道具は処分されないことが法律で決まっています。

続く