SponcerdLink

多重債務に陥って借金まみれになり、自転車操業状態になっている方の気持ちを、私は痛いほどわかります。最大で7社の消費者金融から借り入れをして、返済すると同時に数万円をまた借り入れしていました。

今となったらこの状況は既に破綻しているとハッキリわかります。しかし、自転車操業で回している人間は、破綻していることに気づきません。気付いていても、次に何をすればよいかがわからないのです。

そこで借金まみれによる自転車操業状態の方は、おまとめローンや任意整理にとりかかってください。今の自転車操業の状態を解消できるのは、収入を激増させるか、返済を激減させるかのどちらかです。

任意整理は借金返済を減額させる最も現実的な方法

SponcerdLink

ここでは最も現実的な任意整理に関して詳細に解説します。任意整理は債権者(消費者金融会社、カード会社、信販会社、銀行など)に個別に交渉して借金の整理を行う方法です。私は自分で債権者と交渉をして、和解が成立し、返済額を大幅に減らしました。

自分で消費者金融などの債権者と交渉をするわけですから、お金は一切かかりません。お金はかかりませんが、精神的に疲れるのと、粘り強い交渉が必要です。

我々のような多重債務者が「任意整理がしたい」と債権者にお願いしても、相手にされない場合が多々あります。私の場合は既に返済を滞納している状態が続いていましたので、債権者もやむを得ない状態と判断したと思います。

返済を滞納していない状態で債権者に対して任意整理の交渉をすると、債権者は結構強気に出る場合があります。強気に出てきても、強引に利息だけを入金するのも手です。

利息だけでも返済すれば、差し押さえなどはありません。ただし、ブラックリストには載ることを頭においてください。「任意整理をすればブラックリストには載る」ということを忘れないで下さい。ブラックリストに載っていない時は、「何とかブラックにならずに返済したい」と思います。

任意整理・弁護士

しかし、自転車操業はいつまでも続きません。大きな収入がない限り、いずれ返済に躓き、ブラックリスト入りします。

この状態になるまで、意外に時間を稼ぐことが出来ますが、毎日借金の事ばかり考え、更に苦しい生活が続きます。いずれブラックリストに載るのが目に見えていますので、早めに任意整理で借金を整理したほうが賢明です。

私のように任意整理は無料かつ1人で出来ますが、中には貸金業者と交渉するのは避けたい方もいると思います。その場合は、弁護士や司法書士などの専門家に依頼します。

人整理を行うべきかどうかの借金額の目安は、借金の額が年収の1.5倍以内です。年収300万円なら借金額が450万円以内であれば、任意整理が適しています。年収300万円なのに借金が600万円、1,000万円等の場合は、別の方法を検討することになります。