任意整理をする場合の交渉の中で、返済期間をどれぐらいにするかを予め練っておきたいところです。貸金業者にも寄りますが、概ね5~7年間で完済する計画で認めてくれます。私の場合は、いつ収入が上がるか不明でしたので、当面は毎月1,000円の支払いをお願いしました。

各社に毎月1,000円支払う前は、長期間にわたって返済すらしていませんでした。連絡もしたりしなかったりしていましたので、サラ金業者からすれば「連絡がきちんと取れて、少額でも返済があるならという妥協」がしやすかったと思います。

1,000円ずつしか払えませんが、必ず毎月1回連絡することを約束し、更に利息を止めて和解をしてくれるよう依頼しました。

私の希望をのんでくれたサラ金業者もありましたし、のんでくれなかったサラ金業者もあります。本当に返済がきつい場合は、全てをさらけ出せばサラ金業者も理解してくれます。私は派遣やアルバイトをしていましたが、本当に仕事がなく、月収10万円を切ることがありました。

非正規雇用年収・楽天カード

この収入でマンションの家賃や水道光熱費を支払い、食費と交通費、返済を捻出するのはかなり厳しいのがわかります。こういった状況でも返済と定期的に連絡する意志を見せれば、サラ金業者も私の希望を聞かざるをえないのです。

私ほど追い込まれていなくても、自分の状況を素直に話して任意整理の交渉をするのが賢いです。個人で任意整理の交渉をする場合でも、返済期間中は利息を付けないように交渉することが出来ます。

返済金額を定めたら、その返済金額には利息を付けずに、返済金額を単純に5年間で割った数字で支払いの約束をします。弁護士などに依頼すると概ね応じてくれます。

私のように個人で任意整理をする場合は、上記にも解説しましたように利息を付けないように希望しても聞いてくれないサラ金業者があります。この場合、私は当面は毎月1,000円のみを支払い、残金一括の際に長年に渡って付いている利息を大幅に交渉しようと思っています。

こういった交渉が難しい場合は、「特定調停」という方法で簡易裁判所に申し立てをします。特定調停・簡易裁判所というと、仰々しいですが、出来ない作業ではありません。特定調停に関しては別の記事で解説します。

任意整理を貸金業者に交渉する時期は決算期

SponcerdLink

任意整理をするタイミングは我々のような多重債務者が返済に苦しくなった時です。消費者金融や信販会社、カード会社などから借金をしますが、多くの貸金業者は大手です。

大手の貸金業者は決算がとても大事な作業です。この決算期に貸金業者に対して任意整理の交渉をすると、大幅な減額に成功する場合があります。ある多重債務者(借金額1,000万円)の事例を紹介しましょう。

彼は1,000万円の借金があり、借り入れをした時期はグレーゾーン金利の時代です。利息制限法に基づいて引き直し計算をすると、30%近く減らすことが可能でした。

少しふっかけて4割減の金額なら5年間での分割払い、一括払いなら大幅な減額を希望し、弁護士を介して2ヶ月間に渡り交渉したそうです。少しずつ貸金業者の偉い人が交渉のテーブルにつくようになります。

任意整理の交渉

最終的には決済の権限がある人間が交渉のテーブルに付きます。

「一括払いなら、いくら支払うことが可能ですか?」と貸金業者は切り出しました。依頼人が今すぐ支払えるギリギリの金額、貸金業者が主張する10分の一の金額を提示しました。

普通であれば交渉決裂の金額ですし、また次回の交渉に持ち込むか、下手すれば自己破産の手続きも視野に入ってきます。しかし貸金業者は「わかりました。いいでしょう」と10分の1の金額で妥協しました。

なぜこれほど貸金業者が譲歩したかといいますと、決算期が迫っていて、処理をした語ったというのが本音でした。貸金業者の決算期に任意整理を行うことで、他の時期には考えられないような大幅な減額が出来ます。

弁護士を介して任意整理をするとこういった交渉も可能です。この交渉を自分の力だけでやり遂げるのは、相当なエネルギーと交渉力と長期間の覚悟が必要です。