弁護士に任意整理や債務整理を依頼するのは敷居が高いように思ってしまいます。弁護士は「先生」と呼ばれる人達ですし、私のような多重債務者からすれば、かなりお金持ちで成功者のイメージが有ります。

そんな偉い弁護士に依頼するわけですから、こちらが下手に出てしまいがちです。しかし、そんな必要は一切ありません。弁護士はお金を我々から貰う立場ですから、我々は立派お客なのです。

借金で首が回らなくはなっていますが、任意整理の弁護士に対して卑屈になる必要は一切ありません。堂々と対応すれば問題ありません。

借金を解決してくれる弁護士は多重債務者に何をしてくれるのか?

SponcerdLink

多重債務で苦しむ我々に対して弁護士が提供するサービスは、任意整理、自己破産、民事再生の3つです。

任意整理

任意整理は我々に変わって弁護士が消費者金融などの債権者に対して、借金の減額や整理などを代行します。

任意整理のさらなる詳細はこちらをクリックしてください。

任意整理の際に過払い金請求をする場合もありますし、過払い金請求を得意とする弁護士は任意整理も十分できる知識があります。

自己破産

自己破産は裁判所に対して自分の破産と免責を申し立てをします。そして裁判所から自己破産の認可を貰います。手続きとしては、我々に代わって弁護士が裁判所に申し立てをして、認可が下りるのを待ちます。

民事再生

民事再生も自己破産と同じで裁判所に申し立てをして認可を受けます。自己破産の場合は債務が全てなくなり、資産も無くなります。個人の住宅ローン特約の民事再生の場合は、住宅ローンは減額されませんが、他の貸金業者からの債務はなくなります。

弁護士が借金の相談を受けた際の流れを知り良い弁護士に出会う

多重債務者が弁護士に借金の相談をした場合、借金整理に関しての順番があります。

  1. 任意整理が出来るかどうか
  2. 任意整理が出来なければ自己破産
  3. 次の解決策として民事再生

上記の順番で弁護士が借金整理に関しての提案をしますが、民事再生に関して熟知していない任意整理や債務整理の弁護士がいます。民事再生で人生を復活させることが出来るのに、自己破産を勧めてしまう場合があります。

SponcerdLink

これは弁護士の経験不足や知識不足に寄りますが、民事再生の案件がそれほど多くなく、民事再生に対して興味関心が薄い場合もあります。すべての法律に精通している弁護士はいません。得意、不得意、勉強不足、経験不足などがあります。

民事再生で復活できるのに自己破産を勧められた

ある男性は大きな病気をしてしまい、手術、入院を余儀なくされました。手術費用と入院費がかさみましたが、何とか完治し退院しました。その間に、自分の銀行口座から入院費や手術費を支払っていましたが、残高を気にしていませんでした。

彼が入院する前に奥さんが亡くなっていて、自分の家計を余り把握していませんでした。仕事が激務だったのもありましたが、普通に収入があったので気にしていなかったのです。

自宅に戻りしばらくすると住宅ローンの滞納通知が届き、すでに3ヶ月間も滞納していました。通知には自宅が競売にかかる旨が記載されています。彼は競売という言葉にビックリしてしまい、近所の弁護士事務所に駆け込みました。

民事再生

彼は普通に働いて収入がありましたので、債権者に対して競売を止めてもらうように依頼しました。しかし弁護士は「自己破産しか無いですね」と冷たく突き放します。

口座の残高が減ったことに気づかず、さらに債権者からの通知に暫く気づかなかったので、住宅ローンの返済が遅れました。働いている人間ですから、住宅ローンの返済は可能です。その状況で自己破産しか選択しがないことに納得ができません。

そこで別の弁護士に相談すると、まずは債権者と交渉し、それでも難しいようなら民事再生で対応が可能だとアドバイスを受けました。

続く