SponcerdLink

弁護士によっては、すぐに自己破産を勧めて、相談者からの売上を高めようとすることがあります。また、民事再生に関して余り知識がない弁護士に相談すると自己破産を勧められます。

サラリーマンとしての定期収入があり、預貯金も若干はあり、住宅ローン以外の借金がないのに自己破産を勧められて納得できる人はいません。住宅ローンの返済が3ヶ月に渡って遅れたのは、たしかに本人に落ち度があります。

しかし、返済原資があるわけですから、民事再生や和解交渉で十分に対応ができます。もし彼が「弁護士が言うのなら仕方ない」と思い、自己破産をしていたら家を失っていたのです。

自己破産を勧めた弁護士を信用せずに、自力で調べ、別の弁護士にも意見を聞いたのは正解でした。弁護士にもいろんなタイプや法律の得手不得手があります。

借金整理は、任意整理、民事再生、自己破産の知識と経験がある弁護士を選ぶ

多重債務者が弁護士などに相談する場合は、任意整理、債務整理、民事再生、自己破産を網羅している弁護士に依頼しましょう。経験豊かな弁護士であれば、任意整理、債務整理、民事再生、自己破産のどの選択が適切かをアドバイスしてくれます。

別の事例でも自宅を失わずに済んだ方がいます。彼は住宅ローンの他の消費者金融からの借り入れなどが多くあり、返済に行き詰まっていました。そこで弁護士に相談したそうですが、自己破産を勧められました。

借金が多額でしたので、任意整理や債務整理のレベルではないと思っていました。それでも自己破産は避けたいと思ったので、別の弁護士に相談しました。

すると自己破産ではなく自宅を失わない民事再生を勧められました。この民事再生手続きによって、自宅を失わずに借金を整理でき、人間らしい生活を取り戻すことが出来ました。安定収入がある場合、民事再生が可能なことがありますので諦めてはいけません。

SponcerdLink

民事再生が難しい状況なのに手数料を取る弁護士

別の事例では自分である程度の知識をネットや書籍から学び、弁護士を訪れました。安定した収入はありましたので、民事再生の手続を弁護士に依頼したそうです。

民事再生の手続き費用として70万円を支払いました。数日、数週間が経過しても、弁護士からは何の連絡もありません。民事再生の手続さえしていない様子でした。弁護士に連絡すると、「貴方のケースはそんな簡単ではないからね」と軽くいなされてしまいました。

そして数カ月後には、「民事再生は無理でした」とサラッと言われてしまい、自宅は債権者によって競売にかけられました。法律を知らない人間に対して、滅茶苦茶なことをする弁護士がいるのに腹が立ちます。

こういった話はちょくちょくあるそうなので、気をつけなければなりません。

任意整理、債務整理、民事再生、自己破産

弁護士は依頼人から民事再生の依頼があった時に、既に「この依頼人からの民事再生は難しいだろう。しかし売上を上げるために、民事再生の依頼を受ける体で勧めよう」と思ったのでしょう。

無理だと思っていてもチャレンジするような素振りを見せ、お金だけ受領し、結局何もしていないのです。適当に時間を見計らって、「債権者は同意しませんでしたね。やはり貴方のケースは民事再生が難しい」などと言います。

そして弁護士は言葉巧みに自己破産へ移行させて、更に手数料を受領するのです。もしかすると、別の弁護士なら民事再生が上手くいっていたかもしれません。民事再生が出来なくても、もっと早い時点で自己破産をし、人生をやり直せたかもしれません。

色んな意味で弁護士に振り回され、お金も払い、すべてを失ってしまうことがあります。無知であればあるほど、弱みに付け込んでくる弁護士がいます。

任意整理、債務整理、民事再生、自己破産の知識を十分に得て、弁護士に依頼しましょう。