SponcerdLink

債務整理、任意整理、民事破産、自己破産を行う際は弁護士に依頼します。私のように自分で交渉できるのは債務整理と任意整理までです。弁護士が債務整理の中で交渉をするのは、民事再生や過払い請求による法的手続きです。

リ・スケジュール(債務の返済条件の変更)は個人でも出来ます。法的手続きは弁護士に依頼しますが、法的手続き以外の交渉は自分でもできます。

私がいろんな消費者金融会社と任意整理の交渉をした姿勢は、「お願い・相談」という低姿勢で挑みました。「無い袖は振れないぞ」と言った威圧的な話は一切しません。あくまでもお願いベースで時間をかけて任意整理の交渉をしました。

下手に駆け引きなどをすると、「差し押さえします」と突き放されてしまいます。借金をしている本人は、自分の借金を減らしたり、リスケジュールをするために必死に取り組みます。

弁護士も親身に取り組んでくれる人もいますが、弁護士によっては事務的に交渉をする場合も多々あります。

債務整理・任意整理を扱う弁護士全てが優秀ではない

SponcerdLink

ある男性はリストラに遭ってしまい、新しい就職先が見つからずに派遣社員やアルバイトで食いつないでいました。住宅ローンを抱えていましたが、派遣の給与だけでは返済できずに滞納しがちでした。

これ以上返済は不可能なので、住宅ローンの減額交渉(リスケジュール)を弁護士に依頼しました。着手金として25万円を支払いましたが、何の進展もなく競売が実行されてしまいました。

住宅ローンの借入先は銀行でしたので、任意整理が得意な弁護士なら上手くやってくれると思って依頼しました。お金を受け取る時は笑顔満載の弁護でしたが、お金を受け取った途端に報告の連絡など一切しませんでした。

住宅を残したい場合は民事再生という方法もありますが、その手続さえ取らずに時間が経過してしまったのです。弁護士は「銀行と交渉している間は住宅ローンの返済は止めておいてください」と話していました。

ですから返済せずに待っていたのです。弁護士からの連絡を待っていましたが、到着したのは競売開始の通知だったのです。

競売開始の通知を見て冷静でいられるはずがありません。すぐに弁護士に連絡しますが、いつも留守で梨の礫です。こんな弁護士に頼っていてはいつまで経っても前に進まないと思い、彼は弁護士を解任しました。

弁護士から請求された着手金の25万円は返還されませんでした。

任意整理・債務整理・弁護士

弁護士や医者といえば、世間では一流と呼ばれる人たちです。そんな一流と呼ばれる弁護士の中には上記のような怠惰な人間も存在します。数十万円の弁護士費用では、弁護士の腰が重いという現実があるようです。

テレビや雑誌、ネットなどで弁護士のイメージを我々は持っています。タフな交渉をして、悪しきを倒すイメージが有ります。確かに素晴らしい弁護士は存在しますが、債務整理や任意整理に関して取り組む弁護士は、必ずしも素晴らしい弁護士ではありません。

続く