私はまだまだ借金を背負っていますが、ネット関係の自営業が安定していますので順調に返済しています。私の借金の大半は消費者金融と債権回収会社で、殆どの消費者金融会社と和解が終了しています。

まだ2社との和解が成立していませんでした、理由は私の返済額が毎月1,000円という少額のため、和解のしようがない状態でした。毎月1,000円を消費者金融に数年間に渡って返済しつづけていましたが、収入が少しずつ増えましたので、和解していない1社に対して毎月10,000円を3ヶ月間返済しました。

返済の度に消費者金融に連絡していたところ、今月の返済連絡をした時点で和解を提案されました。その1社は延滞利息が膨大にありましたので、総額は300万円にせまる勢いでした。

延滞利息は膨大になっていましたが、和解するときに消費者金融会社と交渉出来ると知っていました。ですから延滞利息が膨らんでも気にすること無く、自分の生活が揺らがない額を返済していました。

消費者金融会社は総額300万円の借金を、元金のみの150万円で和解提案してきました。私も和解をする時は利息の全額カットで挑もうと思っていましたので、お互いの思惑が合致し、無事に和解に至りました。

もちろん利息はありません。150万円に対して返済した金額は、そのまま元金に充当されます。150万円の返済を最低毎月10,000円を返済することで和解しましたので、私の生活に大きな支障はありません。

自分の収入が上がれば、その都度返済額を増やしますので、150ヶ月かかることは流石にないと思います。

まだ和解できていない消費者金融会社(債権回収会社)が1社ありますが、こちらは毎月20,000円ずつ返済しています。利息は既にストップしていて返済は全て元金に充当されています。残金一括の際に交渉できる余地を残していますので、こちらの会社も元金のみで最終的には返済を終了したいと思っています。

自分の信用情報を閲覧して、返済優先順位を決める

SponcerdLink

私のように多重債務に陥っている人に助言したいのは、自分の信用情報を閲覧することです。私は数カ月前に自分の信用情報を閲覧しました。すべての借金が信用情報に反映されているわけではないことにビックリしました。

消費者金融から借りた借金の内容の一部しか、信用情報に掲載されていませんでした。正確には債権回収会社に借金が移行した分は、信用情報に反映されていませんでした。

私の借金総額は600万円ほどありましたが、信用情報上は260万円ほどの借金と掲載されています。ですからクレジットカード会社やローン会社からすれば、260万円の借金を背負った人間として思われています。

更に信用情報の入金欄はなぜか空欄になっています。(入金状況の空欄は請求も入金もなかった事を意味します。)

消費者金融を滞納しているのにブラックリストになっていない

信用情報開示・携帯電話割賦払い

上記はauのアイフォンを割賦で購入している入金状況です。入金が通常通り行われれば、$マークが並びます。どの消費者金融会社入金状況にも、この$マークが無く空欄になっているのです。数年間に渡って毎月数千円ずつ返済しているためなのかもしれません。

消費者金融の返済を滞納して返済していなかった時期が数年あり、それから数年間は数千円ずつを消費者金融に返済しつづけています。

ブラックリストの証である異動が消え、空欄になる場合がある

SponcerdLink

本来でしたら返済状況に「異動」と記載されているはずですが、この異動がどの消費者金融会社の信用情報にも記載されていません。異動=ブラックリストですが、私の場合、異動と記載されていたのが、数年間に渡って数千円ずつ返済したために、異動が消えた可能性があります。

かと言って私の信用情報が素晴らしい訳ではありません。なにせ入金状況は空欄ですし、消費者金融からの借金は一切出来ません。

銀行のカードローンは消費者金融会社を保証会社として使っていますので、私が借金をした消費者金融会社が保障会社の場合は一瞬で審査落ちすると思います。私が借りていない消費者金融がカードローンの保障会社の場合は、もしかすると審査が通過する可能性はあります。

今は楽天クレジットカードとauクレジットカードで十分事足りていますので、借金の予定は一切ありません。仮に借り入れをするにしても、事業における借り入れです。カードローンなどで少額を借り入れしたところで、今の私には意味がありません。

消費者金融、ローン会社、クレジットカード会社と連絡を取り続ける

借金を完済していない私が言うのはおこがましいですが、消費者金融会社と必ず連絡が取れる状態にはしていました。1,000円しか返済できない時でも、こちらから金融会社に連絡し、こちらの誠意を見せ続けました。

本気で借金はいつか返すと誓っていましたので、誓いを行動に移すべく少額でも返済しつづけたり、金融会社と連絡を撮り続けたことが今となって吉となっています。

まだまだ借金はありますが、和解によって600万円から450万円に借金が減りました。数年後に債権回収会社と残金一括の交渉をしたいと思っていますので、最終的には総額350万円ぐらいにまで借金を圧縮できたらと思います。

借金をすることが悪だとは思いませんが、借金を返済できる原資を考えずに借金すると私のように多重債務に陥ります。借金をして利息がのった返済にでも、十分耐えうるだけの安定した収入がなければ必ず潰れてしまいます。

まさにご利用は計画的にです。