カードローンの審査はカードローンを発行している金融機関や消費者金融会社によって異なります。審査が厳しいカードローン会社もあれば、意外に融通を利いてくれる大手銀行発行のカードローンもあります。

カードローン会社が審査するのは、我々がカードローンの借り入れをきちんと返済出来るかどうかを審査します。このページをご覧頂いている貴方は、カードローンの審査が甘い金融機関を探していると思います。

カードローンの審査が甘い金融機関を探している理由は、他社のカードローンで審査が落ちたか、ブラックリスト入りしているか、職業が派遣やアルバイトなど収入が不安定なため、審査のゆるいカードローンを探していると思います。

私は楽天クレジットカード、auクレジットカードの審査が通過しましたので、アメリカンエキスプレスのゴールドカードの審査に挑戦しました。しかし見事に落ちてしまいました。

クレジットカードの審査に落ちたぐらいで落ち込む必要ありませんが、それなりにショックなのは否めません。暫くクレジットカードやカードローンを申し込むことはありませんが、次にクレジットカードやカードローンを申し込む際は、審査のゆるい、審査が甘いクレジットカードやカードローンを探して申し込みます。

審査が甘い、審査がゆるいカードローン会社は存在する?

SponcerdLink

審査が甘い、審査がゆるいカードローン会社は確かに存在しますが、審査が甘いのには理由があります。派遣社員やアルバイト、無職でも審査が通るカードローンも存在しますが、審査が通貨する理由は、申し込まれた内容の裏取りをしない場合があるからです。

アルバイトや無職の人がカードローンを申し込んでも、限度額がかなり低かったり審査落ちする場合は多々あります。そこでアルバイト・無職というステータスを自営業・個人事業主に変更します。

個人事業主であれば無職やアルバイトよりも定期収入があると見込めます。個人事業主を何年か継続していれば、納税証明や会社のホームページ、名刺、自営業の電話番号などが必ず存在します。

カードローンの会社によっては納税証明の提出を義務付ける場合がありますが、審査のゆるい、審査の甘いカードローン会社によっては書類の提出を義務付けません。

免許書のコピーを義務付けるぐらいです。年収400万円の個人事業主としてカードローンの申し込みをすると、実際には定収入であったとしても年収400万円として審査します。免許書のコピーを提出しても、年収や自営業の名前などをカードローン会社は知ることが出来ません。

本当に年収を知りたいのなら納税証明の提出を義務付けます。公的書類の提出を義務付けないということは、自営業なのかアルバイターなのか判断できません。

SponcerdLink

カードローン会社の競争は毎年激化している

判断はできませんが、大手と呼ばれるカードローン会社でも書類の提出を義務付けないのは、カードローン会社同士の競争が激化しているためです。カードローンの競争が激化すればするほど、カードローン会社はリスクを背負うようになります。

カードローン会社が我々の信用情報を閲覧してブラックリスト入りの「異動」がなければ、それなりに返済してくれるだろうと見込んでくれます。

実際の年収が200万円しか無かったとしても、自営業・個人事業主で400万円と申し込むことでカードローンの審査に通過する人がいます。私自身は実際に個人事業主として働いていますが、クレジットカードを申し込んだ際、カード会社からの裏取りは一切ありませんでした。

楽天クレジットカードを申し込む際は楽天銀行のvisaデビットでクレジットヒストリ-を積み、auクレジットカードを申し込む際は、auのスマートホンを分割払いで購入し、きちんと分割返済をしていました。

こういったクレジットヒストリーが事情がありましたから、信用情報の履歴をメインにしてクレジットカードの審査を行い、裏取り無しで100万円、50万円という限度額のクレジットカードが発行されたと思います。

以上のことから、裏取りを余りしないカードローン会社であれば審査が柔軟なため、カードローンの審査を通過することが可能です。