初めてカードローンやキャッシングを申し込む方は、特に何も考えずにカードローンやキャッシングを申し込みします。私自身も消費者金融でキャッシングを申し込んだ際は、なにも考えずに申し込みしました。

沢山の消費者金融から借りたり、クレジットカードを上手く使いこなせるようになった今だからこそいえますが、初めてカードローンを申し込む方ほどじっくりと検討して欲しいのです。

初めてカードローンを申し込むときは、自分がカーロドーンの審査に通らないとは思いません。「カードローンでいくらぐらい借りれるかな?他人にカードローンの借金がばれないかな?」とそちらのほうが不安でしょう。

カードローンやキャッシングの審査に落ちる人は沢山存在する

カードローンやキャッシングの申込をして、審査落ちしたことがある人ならわかると思います。カードローンには当然ですが審査があります。銀行や消費者金融などのカードローン会社が、水しらすの私たちにお金を貸してくれるわけです。

カードローン会社は我々にお金を貸して、利息を毎月徴収することで利益になります。ですからきちんと毎月返済してくれる人かどうかをカードローン会社は審査します。

カードローンやキャッシングの審査基準は基本的にオープンにされませんが、ある程度は予測できます。同じ年収であっても審査に通る人や、限度額が少ない人がいます。カードローンではどういった内容で審査が行われるかを紹介しましょう。

カードローン・キャッシングの審査に通る人と通らない人の違い

カードローンの審査に通る人と通らない人がいます。カードローンやキャッシングを申し込んで、カードローン会社が審査する場合、年収はもちろん、他の沢山の要素を以って審査をします。

多くの銀行や消費者金融、IT会社やイオンのようなスーパーまでもがカードローンやキャッシングに参入しています。カードローンやキャッシングの事業は、裏を返せばそれだけ儲かるということです。競争が厳しいカードローン業界ですから、いかに優良顧客を獲得できるかが企業の存続に関わります。

カードローン・クレジットカード

カードローンやキャッシング会社が年収や正社員、年齢を審査するのは当たり前ですが、それだけで判断していては、競争の厳しい業界では生きていけません。

年収は低くても実家に住んでいれば家賃の負担がありません。年収が高くてもマンションのローンや車のローンがあれば、カードローンを借りると返済負担が増えます。また、公務員という最強の職業であっても、10人家族であればカードローン会社も二の足を踏みます。

顧客のいろんな要素を鑑みて審査しますることで、他のカードローン会社とは一線を画した顧客を獲得できる場合があります。この審査方法を与信スコアリングシステムと言います。

聞き慣れない言葉ですが、貸金業会では耳にタコが出来るぐらい交わされているのが与信スコアリングシステムです。与信スコアリングシステムには、賃貸、独身、職業、年収など属性に基づくものと、現在の借入状況、他社の借入状況、返済状況などの信用情報に基づいてシステム化されています。

SponcerdLink

カードローンやキャッシングの融資は属性によって大きく左右される

カードローンやキャッシング会社は私達がインターネットなどを通じて申し込んだ人の属性を点数化します。属性を点数化することを「スコアリングする」と言います。スコアリングすることで融資額や融資が可能か否かの判断をします。

年収

まず年収ですが年収200万円未満の場合、カードローン会社は融資を躊躇しがちだと思ってください。仮にカードローンの審査が通ったとしても、10万円、20万円という小さな限度額です。

年収300万円ぐらいになると、ある程度の融資(30万円)は期待できます。カードローン審査の年収に関して気をつけたいのは、銀行系カードローンと消費者金融系のカードローンでは審査内容が異なる点です。

銀行系のカードローンの場合、年収は審査の目安ですが、消費者金融系のカードローンでは年収の3分の1までしか融資をしません。年収300万円であれば100万円までしか、消費者金融系のカードローン会社は融資をしません。

社員か非正規雇用か、フリーターか?

説明するまでもありませんが、社員がカードローンの審査において有利なのは間違いありません。さらに言えば公務員というリストラに遭う可能性がほぼない職業は、更にカードローンの審査において有利です。

カードローン業界は競争激化していますので、派遣社員やパート・アルバイトでも勤務先が有名企業、大企業であれば融資の可能性は十分にあります。

勤務先

カードローンの審査で最強なのは公務員です。次に大手企業の正社員、そして中小企業の正社員です。零細企業や自営業者はスコアリング上の格は落ち、派遣社員やパート・アルバイトは更にスコアリングが落ちます。

無職の場合は審査に通る可能せはほぼありません。そもそも無職なら返済原資がないので、借りてもすぐにブラックになります。カードローンを申し込む前に仕事を探したほうが賢明です。

勤続年数

勤続年数は長いほど有利です。自営業でも長く経営していれば、安定して利益が出ていると判断されますのでカードローンの審査が通りやすくなります。新しい勤め先で6ヶ月以内の場合、カードローンの審査通過は厳しいでしょう。

賃貸・持ち家などの住居・居住年数

持ち家の場合、住宅ローンを組んでいることがほとんどですが、カードローンの返済から逃亡する確率は非常に低いデータが有ります。賃貸の場合、最悪夜逃げということも考えられますから、持ち家よりは評価が低くなります。

公営住宅に暮らしている方も多くいますが、公営住宅に住む方がカードローンの返済が遅れやすいというデータが有ります。公営住宅に住んでいる方は、カードローン会社からすると貸付リスクが高い顧客と判断されます。

居住年数は長いほど評価が高いです。転々としている顧客の場合、カードローンの返済から逃げられてしまうと評価されがちです。

家族構成の影響

カードローンで借金をする場合、誰にも知られたくないのが本音です。一人暮らしの場合、カードローンの会社から郵便物や何らかの連絡があっても、誰かに知られることはありません。家族と住んでいると、身内に知られる可能性が高くなります。

カードローンの借金を身内に知られるのはなんとしても避けたい方が多いので、カードローンの返済をきちんとします。

「一人暮らし=家族と住む人よりも返済が遅れがち」というデータが、カードローンのデータベースに蓄積されています。ですから家族と住む人よりも一人暮らしの方が評価が低く判定されます。

また、家族と言っても子供がいる場合は、子供への教育資金やいろんなお金がかかります。ですから子供がいる方のカードローンの評価も低く判定されます。

カードローンの審査が通らない人の主な理由

SponcerdLink
  • カードローンの審査が通らない人には必ず理由があります。この理由を自分で見直すことで、カードローンからの借り入れができないとはっきりわかり、別の方法で生活を立て直す選択を考えることが出来ます。
  • 申し込みブラック…複数のカードローンに申し込んでしまい、審査落ちが続くと申し込みブラックとなってしまいます。1ヶ月以内に3社以上の申し込みは、申し込みブラックと判定されますので気を付けましょう。
  • 多重債務…消費者金融系のカードローンで契約する場合、年収の3分の1以上の借り入れはできません。また4社以上消費者金融系のカードローンを契約する場合、審査に通りません。
  • ブラックリスト…クレジットカード、銀行系カードローン、消費者金融系カードローン、信販会社のローンなど、借り入れに対して返済が遅れていたり、滞納し続けている場合は審査に通りません。ブラックリストになってしまうと、どこからも借り入れはできません。
  • スーパーホワイトによる審査落ち…30代の方で一度もクレジットカードやローンなどを利用したことがない人がいます。こういった方をスーパーホワイトといいます。利用履歴がなさすぎてカードローンの審査に通りづらくなります。
  • 虚偽の記載や申告…カードローンを申し込む際に、虚偽の記載をしても信用情報などの参照ですぐにバレてしまいます。虚偽の記載の時点で信用度が落ちますので注意が必要です。自分のありのままをカードローン会社に申告しましょう。

カードローンの審査にサクッと通るようになるには

カードローンの審査に通らない理由をたくさん紹介しました。基本的にはカードローンの審査に通らない理由の逆になれば、カードローンの審査に通ります。普通の人であれば、それほど難しくありません。

勤務先や住宅、家族など、自分では動かしようがない事実があります。この事実だけでカードローンの審査は大きく影響しますが、自分の小さな努力によってカードローンの審査を挽回することも出来ます。

それは信用情報のスコアリングを高めることです。勤務先、住宅、家族などは属性のスコアリングですが、返済実績などは信用情報のスコアリングです。この返済実績などは自分がしっかりと返済し続けることで、クレジットヒストリーとなり評価が上がります。

カードローンの審査を軽く通過するためのクレジットヒストリー

私はブラックリストに載りながらも楽天クレジットカードやauクレジットカードの審査を通過しました。理由は私がクレジットヒストリーをきちんと積み上げたからです。クレジットヒストリーを保つには以下の点に注意してください。

  • 借り入れの返済を絶対に延滞しない
  • 自分が十分に返済できる額を借りて、返済出来る実績を積む
  • 借入金額よりも借入件数を少なくする
  • 1ヶ月に申し込める上限は2社まで
  • スーパーホワイトの場合、携帯電話の割賦販売で実績を積む

以上がカードローンの審査を通過するためのクレジットヒストリーづくりです。実績さえあれば、カードローン会社、クレジットカード会社は柔軟に対応してくれます。実績=信用をしっかりと作り続けることがカードローンの審査を軽く通過するためのコツです。