カードローンを申し込む際にどういった審査基準があるかを予め知っておくと、カードローンの審査を通過しやすくなります。急な入用が出来て、なにも知らずにカードローンを何社も申し込んでしまい審査落ちしてしまう方がいます。

そこでカードローンの審査基準をある程度知って、急な入用を乗り切りましょう。

カードローンの大まかな審査基準とは?

カードローンと言っても沢山のカードローンの種類があります。自分に適したカードローンを探すのは、カードローンと長く付き合っていく上で大切なことです。是非自分にあったカードローンを見つけていただきたいと思います。

カードローンの審査基準としてあるのは下記の条件が揃っていることです。

  • 安定した収入がある方
  • カードローン、クレジットカードなどの返済が遅れていない方
  • 初めてカードローンを申し込む方

上記を満たしていれば基本的にはカードローンの審査を通過します。「20歳以上、69歳以下で安定した収入を返済能力があり、当社の基準を満たす方」と大手のカードローン会社は公表しています。

仕事・カードローン

「当社の基準」が実は非公開な部分ですが、上記の3つに該当する方であればカードローンの審査は通過します。審査が通過しやすい方もいれば、カードローンの審査が通過しづらい方もいます。

  • 他社のカードローンが複数ある
  • 返済の延滞をしたことがある
  • 収入がない
  • 住所がない
  • ブラックリスト入りしている

上記のような方の場合、残念ながらカードローンの審査が通過しづらいのは言うまでもありません。ただ上記に当てはまる方でも審査が通過する方がいます。私はブラックリスト入りしていますが、クレジットカードの審査を通過しています。

ですから上記に該当している方でも諦めずに、じっくりとカードローンを研究することでカードローンの審査不合格を回避できる場合があります。

カードローンの審査のポイントを知れば審査に通過しやすい

カードローンの審査に通過する人の大前提は、返済能力があり、安定した収入がある人です。この大前提以外にもカードローンの審査通過のポイントが有ります。

  • 年収…年収が多いに越したことはありません。年収に応じてカードローン限度額の判断基準になります。
  • 住居…やはり賃貸よりも持ち家が有利です。持ち家の場合、簡単に引っ越しができませんから、カードローン会社は貸し倒れする確率が低くなります。
  • 勤続年数…同じ会社で長く働いていると、長い期間に渡って収入を得ていることになります。安定した収入の証明にもなります。
  • 電話…携帯電話だけ持っている世帯が増えましたが、固定電話もあるとカードローンの審査が有利になります。
  • 返済の遅れ…クレジットカード、信販会社、水道光熱費などの支払いの遅れが無いか

カードローンの申し込みの際、上記を記載することになりますが嘘を書いても直ぐにバレます。信用情報機関であなたの信用情報を閲覧しますので、すぐに履歴がでてきます。きちんとありのままを記載しましょう。

SponcerdLink

カードローンの審査で絶対にやってはいけないこと

カードローンを申し込む前や申し込みの際に絶対にやってはいけないことを紹介しましょう。これをやってしまうと、カードローンの審査に通過する可能性がある人でも審査不合格になる場合があります。

複数のカードローン会社に同時にに申し込む

カードローンを申し込む時はだいたい急な入用の時です。ですから急いでいるのは重々理解できますが、複数のカードローン会社に同時に申し込むと審査落ちしてしまう可能性が一気にあがってしまいます。

私達がカードローンを申し込むと、カードローン会社は信用情報機関に対して私達の金融情報を瞬時に閲覧します。この信用情報を閲覧した際に、カードローン申し込みの記録が履歴として残っています。

カードローンの審査をする人間(機械の場合もある)が、申込者が他のカードローン会社にも複数申し込んでいるのを見ると警戒します。

他社のカードローンでは審査落ちした内容も見ることが出来ますから、他社のカードローン会社が断ったということは要注意人物とみなされかねません。貸し倒れリスクが高い申込者だと判断してしまいます。

消費者金融系のカードローン会社の場合、年収の3分の1までしか貸せないという総量規制がありますので、複数のカードローン会社から借りている場合審査落ちの可能性が一気に上がります。

カードローンの複数申し込みは審査落ちする

カードローン申込書に虚偽を書いたり書類不備を無くす

カードローンやクレジットカードの申し込みをする際に、ついつい嘘を書いてしまう場合があります。特に他社の借入件数や金額、年収です。他社の借入件数や借入金額は、信用情報機関から信用情報を閲覧した際に、一瞬でバレてしまいます。

さらに年収ですがカードローン会社は膨大な個人のデータを持っています。ですからあなたの会社に勤めている人の年収もデータとして持っている可能性が高いです。

年収を増やしてカードローンを申し込みをしたところで、相手がデータを持っていると嘘を書いたのが一発でバレてしまいます。カードローン会社は裏取りをしっかり行いますので、無駄な嘘は必要ありません。

申し込みの際に不備があって審査落ちする人がたまにいます。一度カードローンの審査を落ちてしまうと、次の審査が通りにくくなってしまいます。カードローンは申し込んだ最初が肝心ですので気を付けましょう。

SponcerdLink

消費者金融系カードローンと銀行系のカードローンの違い

カードローンには消費者金融系と銀行系のカードローンがあります。どちらもメリット・デメリットがありますので解説しましょう。

銀行カードローンのメリット

銀行系のカードローンは消費者金融系カードローンと比較して、金利が低いという強さがあります。銀行系のカードローンの金利はだいたい年利14%前後ですが、消費者金融系のカードローンの場合、年利15%以上の場合があります。

数%の金利の差ですが、大きな金額をカードローンで借りる場合は返済額に結構な差が出てきます。

銀行系のカードローンは消費者金融系カードローンとは異なり、年収の3分のい1以下までしか貸せないという総量規制の対象外です。年収が400万円の人に対して、消費者金融系のカードローン会社は130万円までしか貸せません。

銀行系のカードローンは総量規制の対象外ですから、200万円でも、それ以上でも貸すことが出来ます。

銀行系のカードローン

銀行カードローンのデメリット

銀行系のカードローンの最大のデメリットは、消費者金融系カードローンのように即日融資が受けれない点です。カードローンを利用したい時は急な入用が多いですから、即日融資を好む方が多いです。

審査に関しては消費者金融系カードローンも銀行系のカードローンも、最近はそれほど差が無くなっています。ヘタすれば銀行系のカードローンの方が審査に通過しやすい例もあります。他社の借り入れが4軒以上ある場合は、銀行系のカードローンからの借入は難しいです。

消費者金融のメリット

消費者金融系カードローンのメリットはなんといっても即日融資です。急な入用の方にはありがたい存在です。「一定期間無利息カードローン」と言った商品もあるぐらいです。

即日融資を銀行振り込みで受けたい場合は、銀行が閉まる14時までにカードローンの審査が完了している必要があります。店舗などに行くとその場で即日融資を受けることが出来ます。

消費者金融系のカードローンは総量規制の対象ですから、年収の3分の1以上は借り入れすることが出来ません。件数に関しては4件以上のカードローン借入にも対応してくれます。

消費者金融系カードローン

消費者金融のデメリット

消費者金融系カードローンのデメリットは、やはり金利の高さです。銀行系のカードローンと比較すると金利は数パーセント高いです。ただ、借り入れする金額は100万円未満だったり、借入期間が短い場合は、それほど気にする必要はないかもしれません。

インターネット上で金利差による返済が比較できますので、実際に比較すると実感できます。

一番気をつけたいのは、消費者金融系カードローンの広告で「ブラックOK、無職OK、即日融資」という広告です。こういった広告を出しているカードローン会社の殆どがヤミ金です。大手のカードローン会社は、ブラックや無職にカードローンを発行しません。

くれぐれもヤミ金に手を出さないでください。