カードローンでお金を借りる際、申込書に必ず勤務先を記入します。専業主婦の方であればご主人の勤務先を申込書に記入します。

カードローンでお金を借りようとしていることや、既に何社かのカードローンを申し込んでいる人は、他人に借金をしていることを知られたくはありません。私自身も消費者金融系のカードローンに多額の借金があります。

しかしこの借金は誰にも知られずに地道に返済しています。カードローンでの借金がバレてしまうきっかけで一番多いのは返済の遅れです。カードローンの返済が遅れますとカードローン会社からしっかりと催促の連絡がきます。

カードローン会社からの連絡を逃げていると、自宅や会社にカードローン会社から連絡が入り、怪しまれてバレてしまいます。カードローン会社が社名を言うことは絶対にありませんが、電話口に出た人は「借金の催促かな?」と感じるものです。

次にカードローンが他人にバレてしまうのが在職確認による憶測です。カードローン会社は基本的に在職確認を取ります。クレジットカード会社は在職確認はほぼありませんが、現金を貸すためにカードローン会社は在職確認をします。

SponcerdLink

カードローン会社はなぜ在職確認をしない?

在職確認をしないカードローン会社があれば、他人にカードローンで借金をしていることがバレる可能性が低くなります。現金を貸すのに在職確認をしないことはあり得ないと思われがちですが、在職確認をしない場合もあります。

それは在職確認をしなくても、実際に会社に努めていることを証明できれば在職確認の必要がありません。

在職確認の連絡が必要ないのは、社会保険証・社員証・直近の収入証明書や給与明細書などがある場合です。こういった書類をスマホで撮影してカードローン会社に送付すれば、在職確認の連絡を取らないカードローン会社があります。

カードローン会社は他人にカードローンがバレることを嫌がる事情を知っています。また沢山のカードローン会社がありますので顧客獲得のため激しい競争が日夜繰り広げられています。

ですから出来るだけカードローンを申し込む際のハードルを下げないと、顧客を獲得出来無いのです。クレジットカード会社でも以前は在職確認の連絡がありました。しかし今では在職確認をする会社の方が少ないです。

本人確認さえしません。それだけ各カード会社は競争に晒されていて、顧客の獲得に必死なのです。ですからカードローン会社も消費者金融系、銀行系、ノンバンク系などのカードローン会社同士の競争に必死です。

SponcerdLink

在職確認をしないカードローン会社

在職確認をせずに書類提出で審査をしてくれるカードローン会社です。

消費者金融系 書類での在職確認
アイフル
モビット
アコム
プロミス
ノーローン

書類提出のみで在職確認をしてくれるカードローンはアイフルです。50万円以内の借入であれば書類の提出のみで借り入れが可能です。書類の提出方法はアイフルから送付されるメールに、URLが添付されています。

そのURLをクリックすると書類の写真を送付できる画面が開きます。そこから給与明細や社会保険証などの写真を送付します。非常にスムーズでストレスのない審査です。

モビット、プロミスは審査結果に応じて在職確認をする場合としない場合があります。公務員や一部上場企業などの固い職業の場合、在職確認をしない場合があると思われます。アコムやノーローンは必ず在職確認をします。

消費者金融系のカードローンは若干近隣は高いですが、比較的審査に融通が効きます。銀行系のカードローンは必ず在職確認をします。在職確認はしますが総量規制対象外ですから、消費者金融系のカードローンとは違った柔軟性を持っています。

銀行系のカードローン、消費者金融系のカードローンなど、特性がそれぞれ違います。在職確認はなんとしても避けたい場合は、消費者金融系カードローンのアイフルがお勧めです。