利息制限法が制定される前に大手の消費者金融会社は、グレーゾーン金利と呼ばれる金利で顧客から利息をとっていました。昔の消費者金融から融資を受けていた方は、必ずボッタクリの利息を消費者金融会社から取られ続けています。

グレーゾーン金利を簡単に解説しましょう。

SponcerdLink

グレーゾーン金利とは?

まず利息制限法という法律が存在します。利息制限法は消費者金融が顧客に対して融資する額が10万円~100万円の場合、利息を18%以上に制定してはいけないという利息の制限です。

この利息制限法を超えて利息を顧客から得たり、契約することは民事上では違法となります。世の中に利息制限法だけしかなければ、多くの日本人が消費者金融会社から29%という高い利息をとられることはありませんでした。

しかし利息に関係する法律として出資法があります。この出資法で定められている刑罰金利が29.2%と定められています。

利息制限法の18%と出資法の29.2%の二つの利息制限のレンジをグレーゾーン金利と呼びます。利息制限法では違法となっていても、民事上の違法であるために消費者金融会社は怖くなかったのです。

出資法で定められている刑罰29.2%を超えなければ刑事罰の対象になりませんので、大手の消費者金融会社の殆どがこのグレーゾーン金利で営業をしていました。民事で問題であっても刑事罰にならないなら、できるだけ高い金利でカードローン会社は利益を得ていました。

SponcerdLink

返済した額が過払い金としてカードローン会社から戻ってくる

消費者金融会社、カードローン会社からグレーゾーン金利の分も利息を払い続ける必要はありません。以前はカードローン会社に返済中だったり、今後も利用したい場合はグレーゾーン金利の部分も支払わなければなりませんでした。

借入をやめる場合は「もう返済しない・返済した分を返せ」と主張して取り戻しました。「もう返済しない・支払わない」と主張した時は、グレーゾーン金利の支払いをする必要は一切ありません。

では「返済した分で過払い分を返して欲しい」とカードローン会社に要求したとき、そのまま返してもらえるかというと「元金を返済してください」とカードローン会社に言われていました。借金=元金がまだ返済できていない場合は、まず元金を返済しなければなりませんでした。

これでは消費者保護とはとても言えません。多くの弁護士が消費者金融会社・カードローン会社に対して裁判を起こしました。

借金の残元金が、支払ってきたグレーゾーン金利よりも大きい場合は、その分は元金に充当されるので、借金の残高が残り、お金は戻ってきません。

しかし、残元金が少なく、支払い過ぎたグレーゾーン金利の方が額が多い場合、残元金と支払い過ぎたグレーゾーン金利との差額=過払い金を返してもらえます。

過払い金返還請求