民事再生・個人再生と聞くと大げさな手続きを考えてしまいがちですが、手続きの多くは弁護士が行います。ですから債務者である私達は書類の準備がメインなので、個人再生に対してそれほど手間がかかるわけではありません。

また個人再生の知識を持っている人がまだまだ少ないので、個人再生の実例を紹介しながら解説しましょう。

自宅売却を勧められたが個人再生で復活したMさん

千葉県のMさんはサラリーマンとして勤めていて、自宅を建てて住んでいました。ある日Mさんは病気になってしまい会社を休まざるを得ませんでした。長期間に渡って会社を休みましたので、収入が減ってしまい生活費を事欠くようになりました。

Mさんはカードローンから借金をし急場を凌ぎましたが、すぐにお金が足りなくなってしまい住宅ローンも滞納してしまいました。

住宅ローンを滞納した状態が続いてしまい、ついに債権者から競売開始通知が届きました。この競売開始通知が来てから動き出す人がとても多いのです。もっと早く動いていれば、傷口はもっと浅い場合が多くあります。

Mさんは必死に情報を集めるためにインターネットで検索しました。自分の自宅を何としても手離したくないと思っていました。自宅はサラリーマンにとって夢です。その夢が叶ったのに捨てることはあまりにも厳しい判断です。

SponcerdLink

弁護士・不動産業者は個人再生よりも任意売却を勧める

Mさんはいろんな専門家に相談しました。

弁護士には自己破産を強烈に勧められ、不動産業者には自宅の売却を強く勧められました。以前の記事でも解説しましたが、弁護士にしても不動産業者にしても営利企業です。

彼らは顧客から利益を得ることが仕事ですから、それぞれの得意分野を顧客に勧めるのが当たり前です。Mさんは意気消沈していましたが、最後にたどり着いた専門家から個人再生・民事再生による復活を提案されました。

民事再生に詳しい弁護士に辿り着いたおかげで、債権者と交渉ができました。最終的には債権者が競売を取り下げ、無事に自宅の確保に成功しました。

個人再生・民事再生によって返済額が減り人生が復活

住宅ローン自体が減ったわけではありませんが、クレジットカードやカードローンの債務を大幅に圧縮することが出来ました。ブラックリスト入りしてしまいましたが、自宅を売却せずに済んだのと、返済額が減ったのはMさんの回帰になりました。

任意売却を行っている不動産業者や弁護士の中には、債権者が競売開始を開始すると「任意売却か競売しか選択はありません」と迫ってきます。

彼らは任意売却による手数料を狙っているのであって、債務者のことを真剣に考えているわけではありません。競売開始になってからでも個人再生・民事再生は可能です。諦めずに個人再生・民事再生に挑戦しましょう。

SponcerdLink

民事再生は個人に適用できる債務整理方法

神奈川県在住のOさんは公務員という鉄壁の職業に就いていました。Oさんは遊び癖が有り、飲みに行ったり、遊びに行ったりして散財していました。公務員ですから住宅ローンの審査は難なく通過し、自宅を建築して住んでいました。

さらにカードローン、クレジットカードも複数枚持っていましたが、散財によって借金がどんどん膨らみ返済ができなくなってしまいます。

そして競売開始通知が来てからネットで情報を収集し、自宅を失わないように慌てて行動し始めます。Oさんは競売開始通知が来たことで、自宅を失う覚悟はある程度出来ていました。競売開始通知が来たらどうしようもないと諦めかけていたのです。

しかし専門家がOさんの状況を把握すると、民事再生・個人再生が可能だと判断しました。公務員ですから安定した収入があります。カードローンやクレジットカードの借入額は、それほど大きな額ではありませんでした。

Oさんは民事再生とは会社などの法人が行うものだと思い込んでいました。個人でも出来る民事再生・個人再生があることを知り、民事再生・個人再生の手続を選択しました。

小規模個人再生によってOさんは復活し、元の生活に戻ることが出来ました。今まで散々を繰り返していたOさんですが、個人再生の後は出納帳を付けるようになって、きちんとカードローンや住宅ローンを返済するようになりました。

個人再生・民事再生の可能性

住宅ローンの返済に困ったり滞納している人の多くは、カードローンやクレジットカードからも借り入れをしています。複数の借金が重なると人間はオロオロしてしまい、思考停止に陥りがちです。

多重債務に陥った時こそ、冷静に今の自分を見直しましょう。いろんな借金があっても個人再生・民事再生であれば自宅を手放すことなく、借金を減らし再起することが可能です。

個人再生・民事再生の手続きは弁護士か司法書士の助けが必要です。手続きは専門家に任せないと私達のような素人では不可能です。ですから個人再生・民事再生は自宅を手放すことなく、借金を減らすことが出来る方法と覚えておいてください。